シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

平愛梨、天然さく裂!共演者も絶句するトークに会場大爆笑

平愛梨、天然さく裂!共演者も絶句するトークに会場大爆笑
やっぱり天然!平愛梨

 女優の平愛梨が18日、丸の内ルーブルで行われた映画『ジャックと天空の巨人』日本語吹替え版完披露試写会で、天然ぶりを発揮し、共演者を絶句させた。

 ヒロイン、イザベル姫の声優を務めた平は、淡いグリーンのドレスでイベントに出席。開口一番、雨が降っていないにもかかわらず、「皆さま、今日は雨の中……」と話し出すと、すかさず「雨、降ってなかった」と訂正。これに共演者と会場は大爆笑となった。

 また、この日のドレスについて、ひらひらとした裾をつかみながら「カーテンの中のレースにしか見えなくて」と語った平。これには同席したガレッジセールのゴリが「カーテンはないでしょ! 衣装さんに謝って」と突っ込み。しかし、平が「これを何に例えますか?」と逆質問すると、ゴリはタジタジで「あれ、えーと、難しいね。カーテンでお願いします」と返答し、再び会場は笑いに包まれた。

 今回務めた日本語吹き替え声優については「これまでは観る側だったので、ハリウッドスターの方にわたしなんかの声が重なっていることに感動して、涙が止まらなかったです」と胸いっぱいのコメントを寄せた平。この日のイベントには平とゴリのほかに、主人公・ジャック役のウエンツ瑛士、巨人の声を担当した、真栄田賢(スリムクラブ)、博多華丸(博多華丸・大吉)も出席したが、真栄田も「まさかこの声で(声優の)仕事をいただけるなんて」と自分でも声優の起用に驚きを隠せない様子だった。

 同作はイギリスの名作童話「ジャックと豆の木」を『ユージュアル・サスペクツ』『X-メン』のブライアン・シンガー監督が映画化した3Dアドベンチャー大作。100人の巨人対300人の人間の壮絶な戦いを描く。(取材・文:中村好伸)

映画『ジャックと天空の巨人』は3月22日より丸の内ルーブルほかにて全国公開(3D/2D吹き替え版同時公開)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 3月
  4. 18日
  5. 平愛梨、天然さく裂!共演者も絶句するトークに会場大爆笑