シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

新「相棒」田中圭は伊丹と嫌味合戦?

新「相棒」田中圭は伊丹と嫌味合戦?
新「相棒」!田中圭&川原和久 - 写真:奥山智明

 人気テレビドラマ「相棒」シリーズの新作映画『相棒シリーズ X DAY』でコンビを組んだ田中圭と川原和久が、日本の金融に関する陰謀が描かれる本作を通し、俳優人生を振り返った。

 テレビシリーズで主役を務める水谷豊演じる杉下右京が所属する特命係の天敵、捜査一課の熱血漢刑事・伊丹憲一として、12年間「相棒」シリーズに関わってきた川原。本作で主役に抜てきされたことについては、「主役といわれても伊丹は伊丹、変わらない。ただテレビシリーズよりも長く伊丹として生きられたことはうれしい。気負わず、いつも通り演じた」と話す。

 しかし、本作に描かれる金融危機について話が及ぶと、「俳優では食べられず、バイトをした時代もあった。で、少なからず借金もありましたし。それを全部返して。お金が貯まり始めて、ようやく落ち着いた暮らし向きになったときに、お金が使えなくなったら、どうしてくれようかって思いましたよ」と自身の俳優人生を述懐。社会派サスペンスの「相棒」らしく、身に迫ってくる日本が抱える問題を、川原自身も体感していたことを明かした。

 そんな川原の「相棒」となったのは、シリーズ初参加でサイバー犯罪対策課専門捜査官の岩月彬を演じた田中圭。人気シリーズへの参加について、「プレッシャーもあったし、川原さんって怖い方なのかもというイメージがあって。新参者の僕が、12年もやっている川原さんと相棒として肩を並べて、すんなり認めていただけるのかな」と緊張気味だったそう。

 しかし、そんな田中の心配をよそに、新「相棒」の相性は、抜群だった。足で情報をつかんでいく昔ながらの刑事・伊丹と、デジタル世代の捜査官・岩月は、水と油のようにぶつかり合い、ああ言えばこう言うの水掛け論を展開するのだが、そのやり取りは、「相棒」ファンにかつて特命係に所属していた亀山薫(寺脇康文)と伊丹とのやり取りを想起させた。そのやり取りには川原も「久しぶりの嫌味合戦は面白かった」と笑顔を見せている。異色の相棒の誕生と今日的でスリリングなストーリーは、ぜひ映画館で楽しんでほしい。(取材・文:前田かおり)

映画『相棒シリーズ X DAY』は3月23日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 3月
  4. 22日
  5. 新「相棒」田中圭は伊丹と嫌味合戦?