シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ケンコバ、高岡蒼甫の役者魂に尻込み!『パッチギ!』当時を回想

ケンコバ、高岡蒼甫の役者魂に尻込み!『パッチギ!』当時を回想
『パッチギ!』出演当時を回想したケンドーコバヤシ

 27日、第五回沖縄国際映画祭で、映画『パッチギ!』の特別上映イベントが行われ、空手部主将・大西役で出演したケンドーコバヤシが、「青春科 ケンコバが語る! 男の美学『パッチギ!』」と題した特別講義を行い、沢尻エリカ、高岡蒼甫(旧芸名・高岡蒼佑)らとの共演を振り返った。

 この日那覇空港で乗客の手荷物からハサミが発見され、安全確認のため保安検査場が一時閉鎖されるというトラブルがあった沖縄。同イベントでは、映画を上映しながら出演者や集まった芸人たちが生オーディオコメンタリーをしていく予定だったが、主役のケンドーがトラブルに巻き込まれてしまったため、主役不在でイベントを進めることに。

 ようやくケンドーが到着した頃には、ケンドーの出演シーンはすべて終わっており、ケンドーは「俺もう出てきーへんやん!」とズッコケ。しかし、やりたい放題ぶりに定評があるケンドーだけに、すぐに本領を発揮。本編とは関係ない前日のサッカー日本代表の話題で盛り上がり、ヒロインの沢尻エリカには「(役柄の)三つ編みを握って怒られたい」と妄想発言。さらに映画に合わせて歌い出し、即席ミュージカル化するなど、場内を盛り上げた。

 また映画では、高岡演じる朝鮮高校の番長とケンカになり、高岡を鉄ゲタで踏みつけるシーンがあるが、ケンドーは、井筒和幸監督に迫力を出すため高岡のお腹に座布団を入れ実際に踏みつけることを要求されたことを述懐。

 「高岡も根性あるし、役者をやることに腹をくくっているから『大丈夫です! 来てください!』って興奮状態で」と振り返ったケンコバは、鉄ゲタで人を踏むことに腰が引け、高岡の役者魂に応えることができなかったと回想。「チョコン」と擬音がつくようなかわいらしい踏み方で、そのときの様子を再現すると、会場からはこの日一番の笑いが起こった。(取材・文:長谷川亮)

第五回沖縄国際映画祭は30日まで沖縄コンベンションセンターほかにて開催


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 3月
  4. 28日
  5. ケンコバ、高岡蒼甫の役者魂に尻込み!『パッチギ!』当時を回想