シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

税関で押収されたジャスティン・ビーバーの猿、連絡がないためドイツの所有物に

税関で押収されたジャスティン・ビーバーの猿、連絡がないためドイツの所有物に
生き物の面倒は最後まで見てください - ジャスティン・ビーバー

 今年3月、ベルリンの税関でペットのオマキザル、“マーリー”を押収されたジャスティン・ビーバーが期限までに連絡を取らなかったため、マーリーは正式にドイツの所有物になったという。

 The Huffington Postによると現地5月21日に猿の所有権はドイツに移されたとのこと。これに異議がある場合、ジャスティンは6週間以内にドイツの税関当局に申し立てを行う必要がある。

 押収後、ミュンヘンの動物シェルターで育てられているマーリーは体重も増え、元気にしているという。ドイツ国内でマーリーはとても有名な存在で、先日はドイツの環境大臣ピーター・アルトマイヤー氏が面会に訪れるほど。アルトマイヤー氏は「マーリーが種に適した環境で育つよう配慮したい。猿は非常に社交性の高い動物であるため、今後は仲間と一緒に安心して暮らせる場所に移します」とコメントしている。

 これまでマーリーの飼育にかかった費用は約7,000ユーロ(約91万円)で、この請求書はジャスティンに送られるという。(1ユーロ130円計算)(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 5月
  4. 25日
  5. 税関で押収されたジャスティン・ビーバーの猿、連絡がないためドイツの所有物に