シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

GENERATIONS、東京国際ドラマ祭で爆笑トークショー&アフレコを披露!

GENERATIONS、東京国際ドラマ祭で爆笑トークショー&アフレコを披露!
会場を盛り上げたGENERATIONS・関口メンディー

 26日、GENERATIONS from EXILE TRIBEが、ユナイテッド・シネマ豊洲で開催された「東京国際ドラマ祭〈海外ドラマDAY〉」にスペシャルゲストとして出演。初のトークイベントに参加し、メンバーの意外な一面や趣味、舞台裏など軽妙な掛け合いで語り合い、アフレコ挑戦では爆笑をとる一幕も。最後は華麗なダンスパフォーマンスを披露し、会場に駆けつけたファンを熱狂させた。

 本イベントは、話題の海外ドラマシリーズ最新作をテレビ放映やブルーレイ・DVD化に先駆け、大きなスクリーンで堪能しようというもの。3回目の開催となる今回は過去最大規模で話題の6作品が上映され、さらに海外ドラマ好きを公言する7人組の人気ダンス&ボーカルユニットGENERATIONSがスペシャルゲストとして出演。初のトークイベント挑戦ということもあり、メンバーの関口メンディーが自分の名前を言えなくて、いきなり笑われる場面も。「いやぁ、緊張しすぎちゃって噛んじゃいました」と語る関口の天然ぶりに、ほかのメンバーは「7段落ち!」(最後の7人目で間違えたため)と言ってからかった。

 トークコーナーは、本イベントで上映されたドラマの印象をメンバーが一人ずつ語り、そのドラマの内容に合わせて質問に答えていくという流れで進行。グループで一番セクシーな人は? 王様のような人は? いま夢中になっている趣味は? などなど、メンバーの個性が垣間見られるトークが展開されたが、この日の主役はどうやら関口のようで、メンバーから「7段落ちのセクシーな王様と命名され、さらにアフレコ初挑戦でも、若干ずれ気味の微妙な間が大爆笑を誘っていた。

 また、メンバーを代表して、白濱亜嵐が「メンバー全員、海外ドラマが大好きなので、今日、この舞台に立てて本当に幸せです。僕は役者をめざしているので、英語を勉強して、いつか海外ドラマに出てみたい!」と意気込みを語り、最後はキレキレのダンスパフォーマンスを披露し、会場に駆けつけたファンから黄色い声援を受けていた。

 なお、この日は第1部で「GRIMM/グリム」「レボリューション」「HOMELAND/ホームランド」、第2部では「ザ・フォロイング」「ARROW/アロー」「ゲーム・オブ・スローンズ 第一章:七王国戦記」が上映された。(取材・文:坂田正樹)


【関連情報】
キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 5月
  4. 27日
  5. GENERATIONS、東京国際ドラマ祭で爆笑トークショー&アフレコを披露!