シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

強面俳優・小沢仁志がニューハーフに!共演役者からの「キツかった」に苦笑い!

強面俳優・小沢仁志がニューハーフに!共演役者からの「キツかった」に苦笑い!
こんなコワイ小沢仁志がニューハーフに!

 25日、映画『二代目はニューハーフ』初日舞台あいさつが、シネマート新宿にて行なわれ、主演・監督・脚本を務めた小沢仁志、ベル、山口祥行、勝矢、宮崎貴久、結城友和、本宮泰風、中野英雄、主題歌を担当した英二が登壇した。

 テレビドラマ「スクール★ウォーズ 泣き虫先生の7年戦争 」の水原亮役で茶の間に強い存在感を見せた小沢。その後も、映画『ビー・バップ・ハイスクール』や北野武監督の『3-4X10月』などで「不良や暴力団役といえばこの人」という地位を築いてきたが、本作では女装するシーンも見どころになっている。

 この日は「今日は司会者なので」と自らは映画について多くを語らなかったが、共演した面々からはさまざまな小沢評が。「小沢監督は死の組と言われるぐらい撮影がハードなのですが、今回の作品は特にすごかった」と宮崎が話し出すと、本宮は「ニューハーフ好きの役者たちが小沢さんの周りに集まってきた。何が大変だったかって言えば、女装した小沢仁志相手に仕事をしなくちゃいけないことです。その苦労を画面からわかっていただければ幸いです」と心情を吐露。このときばかりは、さすがの強面の小沢もサングラスごしに苦笑いを浮かべているようだった。

 また、刑事役で出演した中野は「いつもはヤクザなのですが今回は刑事。希望は僕もニューハーフが良かったんですよね。それなら役作りしなくてもできるから」と意味深な発言で会場を沸かせていた。

 「企画段階から『なんだこれは! 売れるのか』って言われてきた映画ですが、無事初日を迎えられ、こんなに大きな劇場でやらせてもらえた。感無量です。「魅せる」エンタメに仕上がっていますので、ぜひ楽しんで」と小沢は作品に自信をのぞかせていた。

 本作は、急逝した暴力団組長が「跡目を失踪した息子に継がせろ」と遺言を残したことによって、ニューハーフとして人生を送る二代目候補の息子や、周囲の組員たちが、さまざまな困難に直面するさまをユーモアーを交えて描いた極道アクション映画。(磯部正和)

映画『二代目はニューハーフ』はシネマート新宿にてレイトショー公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 5月
  4. 26日
  5. 強面俳優・小沢仁志がニューハーフに!共演役者からの「キツかった」に苦笑い!