シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ユースケ・サンタマリア、絶好調!ジョーク連発に加瀬亮も思わずツッコミ!

ユースケ・サンタマリア、絶好調!ジョーク連発に加瀬亮も思わずツッコミ!
ユースケ・サンタマリアのジョークに思わずツッコミを入れた加瀬亮(左)

 1日、東銀座の東劇で、映画『はじまりのみち』初日舞台あいさつが行われ、加瀬亮、田中裕子、ユースケ・サンタマリア、濱田岳、斉木しげる、原恵一監督が、本作のモデルとなった木下恵介監督の日本酒好きにちなみ、日本酒を献杯して、ヒットを祈願した。

 著名なアニメ監督である原監督にとって初の実写作品となる本作。いつもはポーカーフェイスの原監督もこの日は観客で埋まった会場内を見渡して上気した表情。「皆さん、映画を観た直後ですよね。いかがだったでしょうか?」と呼び掛けると、会場からは万雷の拍手。その様子を見て、「ありがとうございます。それを聞ければ十分です。安心しました」と笑顔を見せた。

 5月23日に開催された本作の完成披露試写会では、本作のモデルとなった巨匠・木下恵介監督の実弟であり、「水戸黄門」主題歌などで知られる作曲家の木下忠司が来場。その日はさすがのユースケも「今日ははしゃげない」とペースダウンだったが、この日はそのときのことを振り返り、「完成披露では弟さんがいらっしゃっていたんで、まじめにやらないといけなかった。だから今日はそのストレスが爆発した感じですよ」とジョークを飛ばすなど、絶好調だった。

 「とっても寒い中のロケで、大変なこともたくさんありましたけど、今となってはいい思い出です」と切り出したユースケは、「『それをやった証を残したいね』ということで、みんなで体のどこかに“みち”というタトゥーを入れようということになりました。僕は入れましたし、みんなも入れたと思います。これって加瀬君が言い出したんだっけ」とジョークを切り出すと、加瀬から笑顔で「言ってないですよ」と突っ込まれる始末。会場はそんなやりとりに笑いに包まれた。

 この日の会場となった東劇はかつて東京劇場と呼ばれており、日本初のカラー作品となる木下監督の大ヒット作『カルメン故郷に帰る』が公開されたこともある。そうした縁から、木下監督が大好きだったという日本酒で献杯を行うことになった登壇者たち。満席の観客を前にした加瀬は「この映画が広がっていくことを、それから木下恵介監督の映画が再び観られることを。新旧の映画の発展を期待して終わりにしたいと思います」と会場に呼びかけた。(取材・文:壬生智裕)

映画『はじまりのみち』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 6月
  4. 1日
  5. ユースケ・サンタマリア、絶好調!ジョーク連発に加瀬亮も思わずツッコミ!