シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

エマ・ワトソン、詐欺師症候群を告白 周囲の過大な期待が引き金に?

エマ・ワトソン、詐欺師症候群を告白 周囲の過大な期待が引き金に?
詐欺師症候群であることを告白したエマ・ワトソン - Venturelli / WireImage / Getty Images

 映画『ハリー・ポッター』シリーズで知られる女優のエマ・ワトソンが、詐欺師症候群であることを告白した。The Sunが報じている。

 詐欺師症候群とは、インポスター・シンドロームの訳語として用いられる言葉。その症状としては、自己評価が低いために、社会での成功を自分の力で手にしたものだと考えられず、ただ運が良かっただけだと思い込んでしまうことなどが挙げられる。

 エマは、自身がインポスター・シンドロームであることを認めた上で、「自分がいい仕事をすればするほど、『わたしはそんなに褒められる資格なんてない』という気持ちが大きくなっていくの。わたしも今、そんな感じよ。これまでの成功が実は全くわたしの力じゃなくて、自分がペテン師だということにいつか気付かれるんじゃないかと思っているの」と明かした。

 一般にインポスター・シンドロームは、周囲の過大な期待が引き起こす心理状態とされており、エマも「周りの期待に応えて生きていくことはできそうにないわ」と告白している。

 出演映画『ザ・パークス・オブ・ビーイング・ア・ウォール・フラワー(原題) / The Perks of Being a Wallflower』の公開時には「『ハリー・ポッター』の後、わたしは女優としての自分に全く自信が持てなかったの。だから、ここまでやってこられたのは本当にラッキーだと思っているわ」と漏らすなど、たびたび自身のキャリアに疑問を投げ掛けてきたエマ。これまでその類いの発言は謙遜と受け止められ、エマの優等生キャラクターを確たるものにしてきたが、実のところ、それはエマの本音だったのかもしれない。(編集部・福田麗)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 5月
  4. 30日
  5. エマ・ワトソン、詐欺師症候群を告白 周囲の過大な期待が引き金に?