シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

水嶋ヒロ、3年ぶり復帰作の『黒執事』がクランクアップ!劇中写真が初公開

水嶋ヒロ、3年ぶり復帰作の『黒執事』がクランクアップ!劇中写真が初公開
水嶋ヒロ&剛力彩芽! - 初公開された映画『黒執事』劇中写真 - (C)2014枢やな/スクウェアエニックス (C)2014映画「黒執事」製作委員会

 枢やなの同名人気コミックを原作にした実写映画『黒執事』が先日クランクアップを迎え、主人公セバスチャンを演じる水嶋ヒロが「20代最後の、俳優として頑張る自分の姿が記録されている記念の作品」と本作への思いを吐露した。併せて、劇中写真も初公開され、映画版『黒執事』の世界観を垣間見せている。

 4月1日にクランクインした本作の撮影は、北九州・山口など、九州方面を中心に5月中旬までオールロケで続けられた。3年ぶりの俳優復帰作となる水嶋も並々ならぬ熱意を見せており、撮影前には自身をシャープに見せるため、体重を50キロ台まで落とすという念の入れよう。アクション練習にも約4か月を費やし、万全の状態で撮影に臨んだ。

 その水嶋はクランクアップを迎え、「1か月半に及ぶ久しぶりの撮影は、コツコツと地道に進んで行く、まるで登山をしているかのような感覚でした。無事撮影を終え、頂上にたどり着いたときと似たような達成感を味わっています」と感無量の様子。来春の公開までにはまだ時間があるが「20代最後の、俳優として頑張る自分の姿が記録されている記念の作品でもありますし、これから公開が終わるまで、引き続き『黒執事』 に力を注いでいきたいと思います」と意気込みを寄せた。

 また、水嶋演じるセバスチャンの主人・幻蜂汐璃(げんぽう・しおり)を演じた剛力彩芽は、本作で初の男装に挑戦。「撮影が終わってしまって、とても寂しいです」と心境を明かすと、共演の水嶋についても「水嶋さん演じるセバスチャンは、完璧でスマートな役ですが、水嶋さんのお芝居も本当に完璧で、アクションの動きや手の動き一つ一つがきれいで、この作品の見どころになると思います。わたしはついていくだけでしたが、本当に主演が水嶋さんでよかったです」と絶賛した。

 こうした役者陣の演技はもちろん、原作の世界観を忠実に再現しているところも本作の見どころ。映画版は2020年の近未来を舞台にしたオリジナルストーリーが明かされているが、特注でデザインされたというセバスチャンのえんび服や、幻蜂家のリビングを彩るシャンデリア、アンティークの家具、高級食器などは原作で描かれる19世紀の雰囲気を継承した。原作ファンはその仕上がりに期待したいところだ。(編集部・福田麗)

映画『黒執事』は2014年新春、全国公開予定


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 6月
  4. 6日
  5. 水嶋ヒロ、3年ぶり復帰作の『黒執事』がクランクアップ!劇中写真が初公開