シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

指原莉乃、熱愛報道からわずか3日後に映画出演!大物ぶりを監督が暴露!

指原莉乃、熱愛報道からわずか3日後に映画出演!大物ぶりを監督が暴露!
(左から)堤真一、山田孝之、福田雄一監督

 10日、映画『俺はまだ本気出してないだけ』のプレミア試写会に福田雄一監督、堤真一らが出席し、昨年の熱愛報道からわずか3日後に本作に出演したHKT48・指原莉乃の大物ぶりを暴露した。

 本作がクランクインしたのは昨年6月7日で、指原の熱愛報道を掲載した「週刊文春」が発売されたのは6月14日。福田監督いわく「朝いちにプロデューサーから『指原がAKB48クビになりました』ってメールが来てどうしようかと思った。でも、本人がまだ芸能界に残る気があるならやってほしいということでやってもらった」と生々しいやりとりと共に指原の出演理由を説明。それがほぼ1年後に行われた「AKB48 32ndシングル選抜総選挙」で指原が見事に1位に返り咲いたことから、福田監督は「1年後に1位になるとは思ってなかった」と今だから笑って話せる指原の奇跡の復活劇を称えた。

 また、福田監督は指原が出演したシーンについて「多分彼女も当時寝ていなかったと思う。顔がパンパンで、いつもブスだけどいつもに増してブスなので、そこを注意深く見てもらえると」と指原をいじりながらも、当時の指原のリアルな心神喪失ぶりを説明。

 さらに、福田監督が「堤さんも『あれ本当アイドル?AKB48なの?』って言っていましたね」と堤が指原のことを知らなかったことを明かすと、堤も「全然知らなくて、ロケ地の事務所の人と思った」と苦笑い。一方の指原も堤のことを知らなかったそうで、福田監督は「『(堤と)一対一のお芝居をするけど大丈夫?』って聞いたら『頑張ります。でも、堤さんって誰ですか?』って言われて」と当時から垣間見せていた指原の大物ぶりを振り返っていた。

 同作は子持ちで離婚歴がある42歳の大黒シズオ(堤)が、「本当の自分を探す」と会社を辞めた上に漫画家になると宣言したことから巻き起こる騒動を描いたコメディー・ドラマ。試写会には堤と福田監督のほかに橋本愛、山田孝之、蛭子能収、そして原作者の青野春秋が出席。カナダのモントリオールで7月18日より8月6日まで開催されるファンタジア国際映画祭で上映されることも発表された。(取材・文:中村好伸)

映画『俺はまだ本気出してないだけ』は6月15日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 6月
  4. 10日
  5. 指原莉乃、熱愛報道からわずか3日後に映画出演!大物ぶりを監督が暴露!