シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

藤原竜也&山田孝之、『リング』監督最新作で初共演!大ヒット韓国映画をリメイク!

藤原竜也&山田孝之、『リング』監督最新作で初共演!大ヒット韓国映画をリメイク!
双方ファンにとってもまさに待望の顔合わせとなる藤原竜也&山田孝之

 俳優の藤原竜也と山田孝之が、映画『クロユリ団地』『リング』の中田秀夫監督が手掛ける最新作『MONSTER(仮)』で映画初共演を果たすことがわかった。同作は、2012年に日本公開された韓国映画『超能力者』のリメイク。「全ての人間を操れる力を持つ男」と「その能力が唯一通じない男」の激突を描く。

 数多くの作品で活躍する藤原と山田だが、意外にもこれが映画初共演。満を持しての顔合わせに藤原は「同世代の俳優として意識はしていましたし刺激も受けていましたので、今回がっつり対立する役として共演が決まり、素直にうれしかったです」とコメント。山田も「藤原さんの圧倒的な芝居のパワーを肌で感じることができるのは、とても楽しみです」と喜びを語っている。

 二人が演じるのは、まなざしだけで他人を操ることのできる「男」(藤原)と、その力が一切通じない存在・田中終一(山田)。相反する力を持った二人の男が繰り広げる壮絶な戦いと、その先にある衝撃の結末が描かれる。韓国版は、2010年に本国で200万人以上を動員した大ヒット作。リメイクにあたっては、韓国とは違う日本ならではの結末が用意されるという。

 メガホンを取る中田監督は、藤原と山田について、特殊能力を「呪われた宿命」として背負った主人公たちを描くのに、絶好の二人と評価。「監督としての興奮度もいやがおうにも増しています」と語り、「現代日本ならではの、新たなヒーロー像を彼ら二人と作り上げていきたいと思います」と意気込んでいる。

 プロデューサーは映画『DEATH NOTE デスノート』の佐藤貴博。オリジナル版にはハリウッドからのリメイクオファーもあったというが、佐藤いわく「『デスノート』のプロデューサーによる中田秀夫監督&藤原竜也主演のプロジェクト」という日本のオファーに、韓国側も即決だったという。クランクインは今月を予定。先日年内の結婚を発表したばかりの藤原は「キャストスタッフ一丸となって暑い夏ケガなどないよう集中して撮影を乗り切りたいです」と気合を見せている。(編集部・入倉功一)

映画『MONSTER(仮)』は2014年公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 7月
  4. 1日
  5. 藤原竜也&山田孝之、『リング』監督最新作で初共演!大ヒット韓国映画をリメイク!