シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

もたいまさこ、共演者を泣かす…「引退時かも」

もたいまさこ、共演者を泣かす…「引退時かも」
喫茶店のママ役のもたいまさこ

 小林聡美主演の連続ドラマW「パンとスープとネコ日和」(21日よりWOWOWで放送)の第1話完成披露試写会が4日、都内で行われ、小林のほか共演の伽奈、塩見三省、美波、もたいまさこと松本佳奈監督が出席。痛快な物言いをする喫茶店のママを演じるもたいが役に入りすぎたため、モデルで女優の伽奈を本当に泣かせてしまったことを明かした。

 伽奈は、「(もたいの目が)心から怖かった。動けなくなって潤んでしまった」と振り返ったが、役にのめり込み、ヒートアップしてしまったもたいは「若いときは、笑いは笑いで伝える演技がうまくできたけど、60を過ぎるとうまくいかなくなるのか、きつくなりすぎてしまって」とポロリ。「彼女が泣くようなことはめったにないので、わたしの方が傷ついてしまった。引退時かも」と冗談めかした。

 本作は、映画『かもめ食堂』の原作者・群ようこの同名小説をドラマ化。ずっと母と二人暮しだったアキコ(小林)が母の突然の死により遺志を継ぎ、サンドイッチとスープだけを提供するシンプルな食堂を始めるというストーリー。お手伝いのしまちゃん(伽奈)やある日現れた1匹のネコ、個性的な商店街の人々との、ほのぼのとした交流を描く。

 小林は役について「のんびりしているところ、テレビをあまり見ないところ、猫と暮らしているところなんかが、わたしとすごく似ています」と類似点を挙げ、「現場ではあまりガチャガチャせず、作品や役の雰囲気を壊さないようにゆったり過ごすよう心掛けています」と語った。

 また本作では、プロのネコ俳優「のぶりん」が本格的な長編デビューを飾る。「自分がネコだったらカメラに囲まれて本当に怖いと思う」と小林は気遣いつつも、「のぶりんにとってきっと素晴らしいデビュー作になると思う」と作品への自信をのぞかせた。(取材・文:名鹿祥史)

連続ドラマW「パンとスープとネコ日和」は7月21日より毎週日曜夜10時からWOWOWにて放送(全4話、第1話無料放送)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 7月
  4. 4日
  5. もたいまさこ、共演者を泣かす…「引退時かも」