シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

デル・トロ監督、鬼才チャーリー・カウフマンの脚本で「スローターハウス5」を映画化か?

デル・トロ監督、鬼才チャーリー・カウフマンの脚本で「スローターハウス5」を映画化か?
脚本家候補のチャーリー・カウフマン - Roberto Serra - Iguana Press / GettyImages

 映画『パンズ・ラビリンス』『パシフィック・リム』のギレルモ・デル・トロ監督が手掛けるカート・ヴォネガットの小説「スローターハウス5」の映画化で、『マルコヴィッチの穴』『エターナル・サンシャイン』の脚本を手掛けた鬼才チャーリー・カウフマンが脚本家として参加する可能性があると、デル・トロ監督がThe Playlistに明かした。

 「スローターハウス5」は、第2次世界大戦を舞台に、宇宙人に誘拐され時空を旅することになる兵士ビリーの物語。

 本作は、デル・トロ監督が4本の映画を製作する契約を結んでいるユニバーサル映画が製作。デル・トロ監督は、「チャーリーと僕は、1時間半くらい話をして、この本を映画化する完璧な方法に行き着いたんだ」と明かしている。

 デル・トロ監督は現在、「ピノキオ」実写版の製作準備中。また、2015年公開予定のベネディクト・カンバーバッチ主演のゴシックホラー映画『クリムゾン・ピーク(原題) / Crimson Peak』も製作準備に入っている。(鯨岡孝子)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 7月
  4. 9日
  5. デル・トロ監督、鬼才チャーリー・カウフマンの脚本で「スローターハウス5」を映画化か?