シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

トミー・リー・ジョーンズ、日本人の観客に笑顔のファンサービス!

トミー・リー・ジョーンズ、日本人の観客に笑顔のファンサービス!
トミー・リー・ジョーンズと西田敏行、桃井かおり

 来日中のトミー・リー・ジョーンズが18日、丸の内ピカデリーで行われた映画『終戦のエンペラー』レッドカーペットセレモニーに、主演のマシュー・フォックスと共に来場し、日本の観客と触れ合った。この日はそのほか、初音映莉子、西田敏行、桃井かおり、中村雅俊、羽田昌義、伊武雅刀にピーター・ウェーバー監督、さらにプロデューサーの奈良橋陽子、ゲイリー・フォスター、野村祐人ら総勢12人のスタッフ、キャストが来場した。

 劇場前に敷かれたレッドカーペットに、日米の豪華俳優陣が一堂に会したこの日のイベント。缶コーヒー「BOSS」のCMに出演し、日本でも広く知られるトミーが登場すると、集まった観客からは「トミー!」と歓声が上がる。そんな日本のファンにトミーは笑顔で歩み寄り、握手やサインに気さくに応じていた。

 その後の舞台あいさつでトミーは、満席の場内を見渡し「会場に来てくださって、心から感謝しています。この映画を観て、わたしの国(アメリカ)と、皆さんの国(日本)がどういう関係を持って、友情を築き上げたのか。新しい視点が生まれるきっかけになればと思っています」とあいさつ。一方、マシューは「まだ映画を観ていないので、今日、東京で皆さんと一緒に映画を観たい」と笑顔を見せた。

 また劇中で西田が演じる鹿島大将の夫人役を務めた桃井は「正直に言うと、たいして映画に出ていないんですよ」と突然の告白。会場の笑いを誘うと「奈良橋さんたちは、(ハリウッド映画に桃井をキャスティングし)わたしがアメリカにいられるきっかけを作ってくれた大事なお友達。そのみんなが映画を作ると聞いて、ぜひご一緒したいと思ったんだけど、(わたしの)役がないんです。だから、ほとんど美術担当のようにして現場にいました」と冗談めかしてコメント。

 さらに桃井は「英語をしゃべるのって大変なんですよ」と語ると「日本人の俳優たちが英語をしゃべることを怖がらずに(チャレンジして)。あたしと同じように痛い目に合うという、すてきな現場を見ることが来ました」と付け加え、ハリウッド映画に出演した日本人キャストたちに賛辞を送った。(取材・文:壬生智裕)

映画『終戦のエンペラー』は7月27日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 7月
  4. 18日
  5. トミー・リー・ジョーンズ、日本人の観客に笑顔のファンサービス!