シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

リース・ウィザースプーン、『アバウト・ア・ボーイ』のニック・ホーンビィが脚本を手掛ける映画に出演へ

リース・ウィザースプーン、『アバウト・ア・ボーイ』のニック・ホーンビィが脚本を手掛ける映画に出演へ
リース・ウィザースプーン、主演決定!

 映画『アバウト・ア・ボーイ』や『ハイ・フィデリティ』の原作者で、映画『17歳の肖像』の脚本を手掛けたニック・ホーンビィが脚本家として参加する映画『ワイルド(原題) / Wild』に、リース・ウィザースプーンが出演するとDeadline.comなど複数媒体が報じた。

 『ワイルド(原題)』は、シェリル・ストレイドの回顧録的な小説の映画化で、母親を失い、結婚も破局を迎えつつある26歳の女性が、単独でアメリカの長距離自然歩道パシフィック・クレスト・トレイルを縦断するドラマが描かれる。

 ウィザースプーンが演じるのは、主人公の女性。ウィザースプーンのプロダクション会社も製作に参加する。

 監督は未定。撮影は、今年の晩秋より開始予定。

 ウィザースプーンは、アトム・エゴヤン監督の『デビルズ・ノット(原題) / Devil’s Knot』が完成したばかり。また、現在は、ポール・トーマス・アンダーソン監督、トマス・ピンチョン原作の『インヒアレント・ヴァイス(原題) / Inherent Vice』の撮影が行われているところ。(鯨岡孝子)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 7月
  4. 22日
  5. リース・ウィザースプーン、『アバウト・ア・ボーイ』のニック・ホーンビィが脚本を手掛ける映画に出演へ