シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

永作博美『四十九日のレシピ』モントリオール世界映画祭に正式出品!

永作博美『四十九日のレシピ』モントリオール世界映画祭に正式出品!
映画『四十九日のレシピ』ポスター - (C) 2013映画「四十九日のレシピ」製作委員会

 永作博美が主演を務める映画『四十九日のレシピ』が、来月開催される第37回モントリオール世界映画祭フォーカス・オン・ワールド・シネマ部門に正式出品されることが決定した。

 本作は、母が亡くなりそれぞれに心の傷を抱えながらも、四十九日までの日々を過ごす間に再生の道を歩み始める家族の姿を描いたドラマ。主人公・百合子を永作が、その父親を石橋蓮司が演じるほか、二階堂ふみ、岡田将生、原田泰造らが脇を固める。

 今回出品が決定したモントリオール世界映画祭は、カナダ最古の映画祭の一つ。2006年に奥田瑛二監督の『長い散歩』、2008年に滝田洋二郎監督の『おくりびと』がグランプリを受賞したことでも話題になった。世界の注目すべき映画に焦点を絞ったフォーカス・オン・ワールド・シネマ部門には今年、本作のほか綾野剛主演の『シャニダールの花』や山田孝之主演の『凶悪』も出品が決まっている。

 トロント国際映画祭に出品された『ふがいない僕は空を見た』に続き、2年連続での海外映画祭出品となったタナダユキ監督は、「会えない人を思いながらも、何とか前に進もうとする人々を繊細に演じてくれた俳優陣の演技が国際映画祭でお披露目されることをうれしく思います」と喜びをコメント。日本古来から伝わる“四十九日”という文化を、海外の人々がどのように受け止めるのかにも注目だ。(編集部・中山雄一朗)

映画『四十九日のレシピ』は11月9日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 7月
  4. 19日
  5. 永作博美『四十九日のレシピ』モントリオール世界映画祭に正式出品!