シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ブラピ&アンジー、ジャパンプレミアで“手つなぎ”ラブラブウォーキング!

ブラピ&アンジー、ジャパンプレミアで“手つなぎ”ラブラブウォーキング!
手をつないでレッドカーペットに登場したブラピ&アンジー

 俳優のブラッド・ピットが29日、六本木ヒルズで行われた主演映画『ワールド・ウォーZ』のジャパンプレミアと舞台あいさつに出席。レッドカーペットでは500名のファンや報道陣を前に、パートナーであるアンジェリーナ・ジョリーの手を握りエスコートするなど、ラブラブぶりをアピールした。

 レッドカーペット会場に車で到着しアンジーをエスコートして登場したブラピは、タイトルにちなんだ「Z」型のステージに登壇すると、「今夜は来てくれてありがとう。日本大好きだよ」と大声援で歓迎するファンにあいさつ。アンジーも「今日は水族館とキデイランドに行ったわ。日本楽しい!」と家族で日本を満喫したことを報告した。

 この日はマーク・フォースター監督が来場したほか、日本語吹き替えを務めた女優の篠原涼子、子役の鈴木梨央、佐藤芽がゴージャス&キュートなドレスで会場を彩った。篠原はブラピの印象について「気さくでフレンドリー」とメロメロ。アンジーから日本語を教えてと頼まれると「こんばんは」をレクチャーし、アンジーも即座に「コンバンハ!」とファンに語り掛けて大声援を受けていた。その後およそ1時間にわたって、サインやファンサービスに快く応じ、ファンを感激させていた。

 また、その後行われた舞台あいさつにはブラピとマーク監督、篠原らが登壇。日本のファンに向けてブラピは「初めて日本に来てから20年。その間とてもクールに親切に迎え入れてくれて感謝しているよ」と笑顔であいさつ。主演と製作を務めている本作について、「世界規模のスケールを最後まで保つのが大変だったけど、それに成功したよ。この夏一番スリルのある映画だからぜひ観て」と思い入れたっぷりにアピールし、最後は投げキッスをしてイベントを締めくくった。

 映画『ワールド・ウォーZ』は、ベストセラーを記録したマックス・ブルックスの小説を『007/慰めの報酬』などのマーク・フォースター監督が映画化したパニック大作。人間を凶暴化させる未知のウイルスの感染原因を解き明かそうと、カオスと化した世界各地を駆ける元国連捜査官のジェリーの姿を描く。(中村好伸)

映画『ワールド・ウォーZ』は8月10日よりTOHOシネマズ日劇ほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 7月
  4. 29日
  5. ブラピ&アンジー、ジャパンプレミアで“手つなぎ”ラブラブウォーキング!