シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

役者志望だった上島竜兵の演技を監督が称賛!本人も思わずニヤリ

役者志望だった上島竜兵の演技を監督が称賛!本人も思わずニヤリ
監督に称賛された“役者”上島竜兵

 ダチョウ倶楽部の上島竜兵が5日、新宿の明治安田生命ホールで行われた『劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日』完成披露試写会に出席し、メガホンを取った中尾浩之監督から「俳優として素晴らしい」と称賛される一幕があった。この日はほかに、要潤、夏帆、時任三郎、カンニング竹山たちも登壇した。

 NHKの人気番組の映画化作品となる本作で、博多の豪商・島井宗叱にふんする上島は、劇中の衣装で舞台あいさつに登場し、「緊張しているんですよ。この衣装を着ているんで」と固い表情。しかし、撮影現場について質問されると「スタッフも監督もキャストもみんなが気持ちよくやらせてくれて。監督はとにかく褒めてくれるんです」と笑顔を見せた。

 「昔、役者をやりたくて劇団に入ったことがあって。パントマイムをやったときに声を出してしまって辞めたという暗い過去があるんです」と意外な過去を告白した上島だったが、そんな役者・上島竜兵について中尾監督は「以前に上島さんとショートフィルムでご一緒して。芸人としてでなく、俳優として素晴らしいお芝居をされているなと思っていました」と称賛。その言葉に上島が思わず表情を崩す一幕もあった。

 一方、「もともと番組の大ファンだったんですが、気付いたらタイムスクープ社の社員になっていて。こんなうれしいことはありません」と切り出したカンニング竹山は、タイムスクープ社の沢嶋(要)の上司・第二調査部部長の谷崎勉にふんする。近年は俳優としても評価の高い竹山に対して、「バラエティーと俳優業とどちらを重視している?」という質問が投げられると、竹山は「バラエティーはちゃんとやってるよ! どっちかというとバラエティーの方が多いよ!」とキレ気味に返答。

 ところが司会者や上島たちから「今日はぶっちゃけようよ!」とはやされ続けるうちに、「本当のことを言うとね、バラエティーに出てもすぐに世間は忘れるんだ! でも映画に出ると、3年後も(その作品について)言われるんだ!」と本音(!?)がポロリ。上島からも「竹山は台本のことも脚本って言いますし、カメラのこともキャメラって言いますからね」とちゃかされ、会場は笑いに包まれた。(取材・文:壬生智裕)

『劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日』は8月31日より新宿ピカデリーほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 8月
  4. 5日
  5. 役者志望だった上島竜兵の演技を監督が称賛!本人も思わずニヤリ