シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ブライアン・デ・パルマが描く女の争い!最新官能サスペンス予告編が公開!

ブライアン・デ・パルマが描く女の争い!最新官能サスペンス予告編が公開!
レイチェル・マクアダムスとノオミ・ラパス、二人の残酷な争いの結末は? - (C) 2012 SBS PRODUCTIONS - INTEGRAL FILM - FRANCE 2

 映画『スカーフェイス』『ミッション:インポッシブル』などで知られるブライアン・デ・パルマ監督、およそ5年ぶりの新作『パッション』の予告編が公開された。本作では、互いに『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』に出演したノオミ・ラパスとレイチェル・マクアダムスが、艶やかで残酷な女同士の争いを演じる。

 フランスの名匠アラン・コルノー監督の遺作となった映画『ラブ・クライム 偽りの愛に溺れて』(未公開)をリメイクした本作。『キャリー』『悪魔のシスター』など、狂気を秘めた女性を扱った傑作スリラーにも定評のあるデ・パルマ監督が、広告業界を舞台に、官能に満ちた女性同士による復讐のドラマを描き出す。

 レイチェルが演じるのは、上昇志向のままに、大胆な行動で広告会社の重役へと上り詰めたクリスティーン。一方のノオミは、クリスティーンに憧れてアシスタントを務めるも、手柄を奪われたことから彼女への復讐を決意するイザベルにふんする。しかし、イザベルによる壮絶な復讐計画は、一見すると自身が不利にしかならない矛盾に満ちたもの。単なる復讐劇に終わらない、謎に満ちたストーリーも見どころとなっている。

 公開された予告編では、デ・パルマ作品ならではといえる、スプリットスクリーン(分割画面)を使用した技巧派のカットが見られ、往年のファンも満足できる一本になっていることを予感させる。またレイチェルとノオミが口づけを交わし合う場面も登場するなど、女同士の官能的な絡みにも期待できそうだ。(編集部・入倉功一)

映画『パッション』は10月よりTOHOシネマズみゆき座ほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 8月
  4. 9日
  5. ブライアン・デ・パルマが描く女の争い!最新官能サスペンス予告編が公開!