シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

米倉涼子、吹き替え声優に「苦しいです」…声で演じることの難しさ明かす

米倉涼子、吹き替え声優に「苦しいです」…声で演じることの難しさ明かす
映画『ダイアナ』の公開アフレコに挑む米倉涼子

 女優の米倉涼子が23日、日本語吹き替え声優を務める映画『ダイアナ』の公開アフレコに出席した。元英国皇太子妃ダイアナさながらの自信と気品に満ちた声を披露した米倉だが、大勢の報道陣に囲まれた緊張のためかセリフをかんでしまい、とり直しをする一幕も。アフレコ後には「(ドラマなどのように)自分の体で表現することができなかったり、自分の声が自分の思っているものとは違ったり。苦しいです」と四苦八苦しながら挑んでいることを明かした。

 本作は1997年に交通事故死したダイアナ元妃の真実の姿に迫る感動作。『インポッシブル』などの演技派女優ナオミ・ワッツが主演を務め、20歳で英国王室に嫁いだ若く魅力的な女性が、出産や離婚を経てしなやかに変貌と自立を遂げる姿を描く。

 ダイアナ元妃の日本語吹き替え版声優を務めることにちなみ、理想の王子さま像を聞かれた米倉は「38歳にもなると理想が増えすぎちゃって、どれから挙げていいかわからないくらい。どなたでもいいです」と悩ましい表情。求める一番の条件としてお金や外見を提案されるも、「お金とかは頑張って作ればいいと思うし、顔も特に気にしていないですよ」とあっさりとした恋愛観を語った。

 また、米倉といえば主演ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)が人気を集めるなど、世間では強く美しい女性のイメージがある。米倉は「言葉の端々が厳しいと自分で感じることはあるけど、自分では強い女性というつもりはないですよ」と謙遜しつつ、「ただ、やれることはやりたいし、成し遂げたい」と芯の強い一面をのぞかせていた。(中村好伸)

映画『ダイアナ』は10月18日よりTOHOシネマズ有楽座ほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 8月
  4. 23日
  5. 米倉涼子、吹き替え声優に「苦しいです」…声で演じることの難しさ明かす