シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

渡辺謙「ケツの穴まで見せるつもりでやった」…入魂の一作を語る

渡辺謙「ケツの穴まで見せるつもりでやった」…入魂の一作を語る
入魂の一作を語った渡辺謙

 俳優の渡辺謙が14日、都内で行われた映画『許されざる者』の公開記念舞台あいさつに佐藤浩市、柳楽優弥、忽那汐里、小池栄子、李相日監督らと出席し、「死に物狂いでやった映画。その映画を無事にお客さまに届けることができてほっとしている。どうか受け止めてやってください。そして育ててやってください」と客席へ向けてメッセージを送った。

 昨年秋より極寒の北海道でオールロケを敢行し、魂を込めて作り上げた本作。渡辺は「この映画ほど、公開後に話をしにくい映画はない。何か話すとみんなと築いてきたものが崩れていってしまいそうで」と話し、言葉を選ぶように「李相日監督に俳優として全てを委ねた作品。基本的に監督が見たいもの、描きたいものを作るために、一俳優としてどこまで取り組めるか考え、ケツの穴まで見せるつもりでやった」と撮影時の思いを振り返った。

 作品の完成に渡辺同様、感慨深い表情を見せた佐藤は「タイトルの『許されざる者』という響きがとてもいい。多かれ少なかれ、わたしたちはみんな許されざる者。許されたものは誰かを考える作品ではないか」と述べ、「特別な作品。少なくとも僕の50代後半のキャリアを決定付ける作品でしょう」と作品の出来にも自信を見せた。

 若手の柳楽、忽那はベテラン俳優を前に緊張気味。だが、柳楽は「間違いなく特別な1本です。先輩たちの中でハードルの高い役に挑めたのは貴重な経験」と話し、忽那も「上映後の舞台あいさつに参加するのは役者として初めて。皆さんと見終わったあとの興奮を共有できてうれしい」と充実の表情でコメントしていた。

 映画『許されざる者』は1880年の北海道が舞台。幕府軍の残党で、かつては「人斬り十兵衛」と恐れられた男が、愛する妻と出会い一度は刀を棄てるも、妻の亡き後、幼い子どもたちと極貧の生活にさらされる中、再び刀をとるという物語。10月3日に開幕する第18回釜山国際映画祭ガラプレゼンテーション部門への正式出品も決定している。(取材・文 名鹿祥史)

映画『許されざる者』は公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 9月
  4. 14日
  5. 渡辺謙「ケツの穴まで見せるつもりでやった」…入魂の一作を語る