シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

シャルロット・ゲンズブール、『サラ、いつわりの祈り』アーシア・アルジェント監督の新作に出演

シャルロット・ゲンズブール、『サラ、いつわりの祈り』アーシア・アルジェント監督の新作に出演
出演が決まったシャルロット・ゲンズブール - Luca Teuchmann / WireImage / Getty Images

 映画『21グラム』や『アンチクライスト』のシャルロット・ゲンズブールが、映画監督ダリオ・アルジェントの娘で、自身も映画監督・女優のアーシア・アルジェントがメガホンを取る新作映画『ミスアンダーストゥッド(原題) / Misunderstood』に出演することになったとRADIOCINEMAが伝えた。

 アーシアにとって、2004年の映画『サラ、いつわりの祈り』以来の監督作となる本作は、現在撮影中とのことだが、内容や他のキャストなど詳細は明かされていない。

 アーシアとシャーロットは、シャーロットの夫イヴァン・アタル監督の2012年の映画『ドゥー・ノット・ディスターブ(原題)/ Do Not Disturb』で共演している。

 シャーロットは、ラース・フォン・トリアー監督の映画『ニンフォマニアック(原題) / Nymphomaniac』が12月より世界順次公開予定。現在は、ヴィム・ヴェンダース監督、ジェームズ・フランコやレイチェル・マクアダムスと共演の映画『エヴリー・シング・ウィル・ビー・ファイン(原題) / Every Thing Will Be Fine』の撮影中だ。(鯨岡孝子)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 9月
  4. 24日
  5. シャルロット・ゲンズブール、『サラ、いつわりの祈り』アーシア・アルジェント監督の新作に出演