シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

クドカン、「あまちゃん」最終回にファンから祝福!憎まれ口で照れ隠し

クドカン、「あまちゃん」最終回にファンから祝福!憎まれ口で照れ隠し
「あまちゃん」最終回を観客に祝福された宮藤官九郎

 28日、TOHOシネマズ日劇で映画『謝罪の王様』の初日舞台あいさつが行われ、脚本家の宮藤官九郎が登壇した。この日はくしくも宮藤が脚本を手掛けたNHK連続テレビ小説「あまちゃん」の最終回放送日。客席から大きな拍手が送られると、宮藤は顔が見えないように頭を下げ、「(朝の回の)この時間に映画を観ているってことは、(最終回を)観ていないってことでしょ」と憎まれ口で照れ隠ししていた。この日の舞台あいさつにはほかに、阿部サダヲ、井上真央、竹野内豊、岡田将生、荒川良々、そして水田伸生監督が登壇した。

 また、宮藤は“土下座”つながりということでテレビドラマ「半沢直樹」の最終回を引き合いに出すと、「香川照之さんの土下座に比べたら、阿部さんの土下座は早いこと早いこと」と比較。これに阿部もすかさず「土下座はスピード感です」と乗っかり、会場を爆笑させていた。

 その宮藤いわく、本作で「謝罪」をテーマにした理由は、劇中の最後のエピソードで説明されているとのこと。「そのときに悪いと思った人が謝れば済むだけのことで、いろいろトラブルがあるんだと。『ごめんなさい』って素直に言えるっていいなという気持ちを込めて作りました」と明かした。

 ほかにもトーク中には岡田の挙動不審ぶりに井上が「酔っていますか?」と劇中のSキャラで突っ込んで笑いを誘ったほか、最後には阿部が自ら劇中に登場する「わき毛ボーボー、自由の女神!」の振り付けを観客にレクチャー。登壇者と観客全員で踊って公開の喜びを分かち合っていた。

 同作は『舞妓 Haaaan!!!』『なくもんか』の黄金トリオ、水田監督、宮藤、阿部が放つコメディー映画。あらゆる相手、いかなる状況であろうとも依頼者の代わりに謝って事態を収束する“謝罪師”が巻き起こす騒動の数々を描く。(中村好伸)

映画『謝罪の王様』は公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 9月
  4. 28日
  5. クドカン、「あまちゃん」最終回にファンから祝福!憎まれ口で照れ隠し