シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ケイティ・ペリーの新アルバム 付録の種子が生態系に有害?豪で問題視

ケイティ・ペリーの新アルバム 付録の種子が生態系に有害?豪で問題視
ケイティ・ペリー

 ケイティ・ペリーの新アルバム「プリズム」のデラックスバージョンの付録の種子が、オーストラリアで問題視されているとNews.com.auが報じた。

 アルバムの付録として付いている種子は生態系のことを考え、売られている地域のものが梱包(こんぽう)されており、オーストラリア盤には、オーストラリア原産のヒメコスモスの種子が含まれているという。

 しかし、豪政府が問題視しているのはインターネットなどから購入できる輸入盤に付いている種子だという。外来種の場合生態系を乱す危険性があると、郵便物や手荷物などの検査を強化するとのこと。

 オーストラリア盤は国内で約25豪ドル(約2500円)で販売されているが、アメリカ盤は19豪ドル(約1900円)を下回る価格で購入できるという。これは送料込みの値段だというから、断然お得だ。(1豪ドル100円計算)

 種子を付けた理由についてケイティは、「世界中に植物を増やして光を広げましょう」とツイートしている。(澤田理沙)


【関連情報】
キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 11月
  4. 6日
  5. ケイティ・ペリーの新アルバム 付録の種子が生態系に有害?豪で問題視