シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

K-POPグループ・MYNAME、舞台あいさつでファンにハグのサービス

K-POPグループ・MYNAME、舞台あいさつでファンにハグのサービス
左から、ジュンQ、コヌ、セヨン、インス、チェジン

 16日、人気K-POPグループ・MYNAMEの主演映画『新大久保物語』の初日舞台あいさつが新宿ミラノ1で行われ、メンバーのコヌ、インス、セヨン、ジュンQ、チェジンのほか、キャストのIZAM、小沢仁志らが出席。MYNAMEが登場すると、韓流ファンの熱気あふれる歓声が場内にこだました。

 ルックス、パフォーマンス、歌唱力に定評のあるMYNAMEが登壇するとあり、会場は熱烈なファンで超満員。パネルやうちわなどのグッズを持って歓迎されると、セヨンは日本語で「映画の中で一番気になるシーンがあります。最後にある雨のシーンは本当にがんばって撮ったので、楽しんで観てください」と思いの込めた本作をアピール。チェジンも「映画を撮影しながら、ずっとみんなのことを考えながらがんばりました」と甘い言葉でファンの心をとろけさせた。

 その後もメンバーが口々にファンへ感謝や映画の感想を語ったほか、最後は数名のラッキーなファンが、MYNAMEに直接花束を手渡す貴重な一幕も。会場中のファンが羨望(せんぼう)のまなざしを向ける中、セヨンは花束を受け取るとファンにハグのサービスでお返しし、客席からは黄色い声援が飛んだ。

 その一方、日本人キャストでは、こわもてな小沢がMCから警官役と紹介されると会場から小さく笑いが起こる場面も。小沢は「お前、俺のときには『かわいー!』とかねぇのかよ」と思わずツッコミ。その後、「ワン、ツー、スリー」の合図で観客から「かわいー!」と声援を引き出すと、「秘密を暴露するけど、来年MYNAMEは6人になっているかもしれないので、そのときはよろしくな!」とノリノリな発言で笑わせ、IZAMも「僕も『かわいい』とか15年前には言わていたんですよ」と嘆いて笑いを誘っていた。

 同作は韓国のソウルから東京の新大久保へやって来た5人の若者たちが、芸能界で成功しようと奮闘する姿を描く青春ドラマ。舞台あいさつにはほかに藤本泉、本宮泰風、朝倉えりか、渡辺舞、白石朋也、国生さゆり、藤原健一監督も出席した。(中村好伸)

映画『新大久保物語』は公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 11月
  4. 16日
  5. K-POPグループ・MYNAME、舞台あいさつでファンにハグのサービス