シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

佐藤健、「仮面ライダー」から6年半…俳優人生を振り返る

佐藤健、「仮面ライダー」から6年半…俳優人生を振り返る
俳優人生を振り返った佐藤健

 俳優の佐藤健が25日、渋谷・シネクイントで行われた、スペシャルBOOK「6 1 / 2 ~2007-2013佐藤健の6年半~」vol.1~3の発売記念イベントに出席し、これまでのキャリアを振り返った。

 初主演を果たしたドラマ「仮面ライダー電王」から現在に至るまでの6年半について佐藤は「やっているときは目の前のことにとにかく100パーセントで臨んでいて、気付いたら今日という感じです。日々、今自分が何をするかの積み重ねで、気付いたら今日なので、どう成長したとか実感はないです」とコメント。現在もなお駆け抜けている最中だといい、「まだ壁にもぶち当たっていないので、走り続けてもいいんだと思う。次、壁にぶち当たって、ただ走っているだけじゃダメな日が来たときが勝負かなと思っています」と先に待つ「勝負時」を見据えた。

 「仮面ライダー電王」出演後は、ドレッドヘアを披露した「ROOKIES」や、岡田以蔵を演じたNHK大河ドラマ「龍馬伝」などに出演。俳優の中には自身のイメージを保ちたいタイプもいるが、佐藤は「イメージをどんどん変えていきたいタイプ」だといい、「無理にでも髪型は変えようと頑張ってやりました。むしろ180度変えて、目の前のイメージをどんどんぶち壊していこうという感じ。何色にでもすぐになれる状態が理想です」と自身を分析した。

 さらに、6年後の30歳になった自分についてのイメージを求められると、「想像がつかなくて怖いけど、そのときにやりたいと思うことをやれていたらいいな」と将来の自分にエール。現在は『るろうに剣心』の続編を撮影中だが、今後は「コメディー映画や特殊メイクで人間じゃない役をやりたい。人っぽくない不思議な存在感が好き」と展望を語っていた。

 同書は、雑誌「週刊TVガイド」で2007年夏から6年半にわたって連載されているコラム「タケルモード」に、クリエイティブディレクター・箭内道彦氏によるディレクションで新たに撮り下ろしたグラビア&インタビューを加えたもの。この日、ファンと至近距離で対面した佐藤は「帰ってきた感じがしました」とおよそ2年ぶりとなったファンイベントを満喫した様子だった。(中村好伸)

書籍「6 1 / 2 ~2007-2013佐藤健の6年半~」の「vol.1 さくらんぼ」は11月29日、「vol.2 ロックバラード」は12月6日、「vol.3 風」は12月13日発売 価格:各1,680円(税込み)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 11月
  4. 25日
  5. 佐藤健、「仮面ライダー」から6年半…俳優人生を振り返る