シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『キック・アス』&マキシマム ザ ホルモンがタッグ!応援テーマソングを提供決定

『キック・アス』&マキシマム ザ ホルモンがタッグ!応援テーマソングを提供決定
「見ろよ、ヒット・ガール。これがJAPANのROCKだ…!」 - (上)マキシマム ザ ホルモン(下)映画『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』- (C) 2013 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.

 ロックバンド・マキシマム ザ ホルモンが、来年2月公開の映画『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』に、応援テーマソングとして「便所サンダルダンス」を提供することが決定した。同バンドのマキシマムザ亮君が前作『キック・アス』ファンであることを公言していたこともあり、最強タッグが実現。「便所サンダルダンス」は今後上映される予告編などに使われる。

 マキシマム ザ ホルモンにコラボを持ち掛けたのは配給会社側。ハチャメチャなノリ、かっこよさ、面白さを兼ね備えた本作のイメージにホルモンがピッタリであることに加え、『キック・アス』もホルモンも、著名人を含むコアファンを多く抱えており、親和性が高いことも決め手になったという。応援テーマソングになった「便所サンダルダンス」は、今年7月に発売されたアルバム「予襲復讐」に収録されている。

 また、応援テーマソングを提供するにあたり、前作の大ファンであるマキシマムザ亮君は「前作のときから思ってたけど、ヒット・ガールはアイマスクの仮面してるときの方が俺はかわいいと思う! 他の映画出るときも常にあの仮面しててほしい! 歯科医の助手のお姉さんもマスクしてた方がかわいい人多いよね」と“らしさ”全開のコメントを寄せている。

 映画『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』は、平凡なオタクの高校生がヒーロー「キック・アス」となり、美少女ヒーロー「ヒット・ガール」と共に悪の組織に立ち向かうさまを描いた『キック・アス』の続編。本作ではキック・アスとヒット・ガールがヒーロー軍団を結成し、悪と戦う。アーロン・テイラー=ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、クリストファー・ミンツ=プラッセが続投するほか、新キャストとしてジム・キャリーが参加している。(編集部・福田麗)

映画『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』は2014年2月、TOHOシネマズ有楽座ほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 11月
  4. 29日
  5. 『キック・アス』&マキシマム ザ ホルモンがタッグ!応援テーマソングを提供決定