シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

“美魔女論争”に言及 4代目グランプリ・西村真弓さん「お金をかけられるのも一つの美」

“美魔女論争”に言及 4代目グランプリ・西村真弓さん「お金をかけられるのも一つの美」
“美魔女論争”に言及した4代目グランプリ・西村真弓さん

 今年10月に第4回国民的美魔女コンテストでグランプリに輝いた主婦の西村真弓さんが10日、都内で行われたSF映画『ゼロ・グラビティ』の公開直前イベントに出席し、一部ネットで湧き起こっている“美魔女論争”に対する思いを語った。

 国民的美魔女コンテストは、年齢を感じさせない35歳以上の美しい女性を発掘するコンテスト。だが、これについてお笑い芸人の小籔千豊が「着飾った美魔女がテレビに出ると若い主婦にプレッシャーを与える」などと苦言を呈すると、一部ネットでは賛同の声が上がり、美魔女の賛否を問う“美魔女論争”が勃発していた。

 これに対して「いろいろな価値観があると思います。時間があってお金をかけられるのも一つの美であると思います」と着飾ることも一つの美の形であるとした西村さん。一方で、自身については「主人のお給料だけでやっていますので、なかなか自分だけにお金をかけられません。なので、家族の健康だったり周りの方への感謝だったり、そういう目に見えないことを大切にすることも美魔女の秘訣(ひけつ)だと思っています」と内面の美しさを意識していることを強調した。

 この日の試写会は女子高生を招待して行われ、将来の美魔女たちにアドバイスを送った西村さん。内面の大切さを説いたほかにも「(帰って)うちのお母さんの方がきれいだなって思ってもらいたいです」と語るなど、謙虚で気さくな人柄で女子高生たちを魅了していた。

 映画『ゼロ・グラビティ』は、全世界で600億円の興業収入を超え、アカデミー賞作品賞の有力候補ともいわれているSFサスペンス。主演のサンドラ・ブロックについて、西村さんは「一人の宇宙飛行士としての人間性を問うような演技だったので、女性が持っている強さって何かなと考えさせられた」と共感を寄せていた。(中村好伸)

映画『ゼロ・グラビティ』は12月13日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 12月
  4. 10日
  5. “美魔女論争”に言及 4代目グランプリ・西村真弓さん「お金をかけられるのも一つの美」