シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

マーティン・フリーマン、実は「SHERLOCK(シャーロック)」のオーディションで失敗

マーティン・フリーマン、実は「SHERLOCK(シャーロック)」のオーディションで失敗
『ホビット 竜に奪われた王国』でも大活躍のマーティン・フリーマン - Axelle / Bauer-Griffin / FilmMagic / Getty Images

 テレビドラマ「SHERLOCK(シャーロック)」でワトソンを演じているマーティン・フリーマンが、オーディション直前に財布を盗まれて気もそぞろだったため、危うくワトソン役を逃すところだったらしい。

 「あの日、かなりストレスを感じていたのは事実だ。1週間してエージェントから電話があり、『「SHERLOCK(シャーロック)」の件だけど、先方は君にやる気がないという印象を受けたらしい』と言われたんだ。そこで、『いや、すごく興味はあるよ。とても興味があると伝えてくれ』と頼み込んだよ。やる気がなかったわけじゃなく、ベストな状態の日じゃなかっただけなんだ」と英Radio Times誌のインタビューで語っている。

 なんとか2回目のオーディションにこぎつけたマーティンは、シャーロック役のベネディクト・カンバーバッチと読み合わせをし、それが起用につながったとも言っている。「ベネディクトと読み合わせた途端、すべてがうまくいったんだ。彼は素晴らしい俳優だし、彼とのやりとりのリズムに何かを感じたよ」とコメントしている。

 今年10月に、ユニバーシティ・カレッジ・ダブリンから成功を表彰するジェームズ・ジョイス・アワードを贈られたマーティンは、学生からのQ&Aでベネディクトとの関係について説明。「撮影現場での僕とベネディクトの相性はとてもいい。これは演技の良し悪しとは関係なく存在するものだ。もちろん彼は素晴らしい俳優だけど、もっと個人のレベルで感じられることなんだ。まるで愛のようなものかな」と答えている。

 この発言に照れてしまったマーティンは、「ああ、なんで今そんな言い方をしてしまったんだろう」と付け加えたが、視聴者にも明らかなシャーロックとワトソンの相性の良さは愛が根底にあったようだ。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 1月
  4. 1日
  5. マーティン・フリーマン、実は「SHERLOCK(シャーロック)」のオーディションで失敗