シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

仲間由紀恵、最後の「トリック」公開に涙…阿部寛からは「こんなに頼れる主演女優さんはいない」と賛辞

仲間由紀恵、最後の「トリック」公開に涙…阿部寛からは「こんなに頼れる主演女優さんはいない」と賛辞
14年の歴史を振り返った仲間由紀恵と阿部寛

 女優の仲間由紀恵が11日、TOHOシネマズ スカラ座で行われた『トリック劇場版 ラストステージ』の初日舞台あいさつに登壇すると、14年間の歴史を振り返り、涙を浮かべた。この日はほかに阿部寛、生瀬勝久、野際陽子、池田鉄洋、東山紀之、北村一輝、水原希子、堤幸彦監督が来場した。

 本劇場版をもって、ついにシリーズ完結を迎える「トリック」。超満員となった会場にはシリーズのファンが多数来場しており、舞台上にレギュラーメンバー、そしてゲストキャストたちが登場すると「奈緒子さん!」「上田!」「巨根!」などなど、皆が思い思いの声援をキャスト陣に呼びかけていた。

 壇上に立った仲間は「14年間支えてくださった『トリック』シリーズ最後の劇場版に足を運んでいただき、ありがとうございます。『トリック』を愛してくださって、ありがとうございます」と感謝。一方の阿部は「14年というと長いようで、でも『トリック』に関してはあっという間でした。僕はいろんな作品をやりながらも、何年か1度、『トリック』に帰ってくると、自分は成長したのかと問われるようなそんな日々でした。今日、最後の『トリック』を観ていただいた皆さんの中には泣いている方もいて、会場がいい雰囲気に包まれていてうれしいです」と感激の表情を見せた。

 そして仲間は「やはり終わってしまうと聞くとさみしいです。毎回『トリック』に戻ってくるたびに自分の家に帰ってきたような気持ちでしたから」と切り出すと、「最後に阿部さんに聞いてみたいこと。わたしはどうでした?」と質問する一幕も。

 それに対して阿部は「20歳のときにご一緒したときは、まだ世の中の右も左もわからないようなお嬢さんというか、元気のいい子でしたが、それがどんどん成長していって。他の作品でももまれ、僕はいつの間にか仲間さんに頼るようになった。僕が変なことをやっても拾ってくれるし。15、6歳も年下ですが、こんなに頼れる主演女優さんはいないんじゃないかというくらい感謝の気持ちでいっぱいです」と返答。「うれしいです」と返した仲間の瞳は涙でうるんでいた。(取材・文:壬生智裕)

『トリック劇場版 ラストステージ』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 1月
  4. 11日
  5. 仲間由紀恵、最後の「トリック」公開に涙…阿部寛からは「こんなに頼れる主演女優さんはいない」と賛辞