シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

中村蒼、オーディション落ちまくった…駆け出し時代振り返る

中村蒼、オーディション落ちまくった…駆け出し時代振り返る
中村蒼

 俳優の中村蒼が14日、都内で行われた主演映画『東京難民』の大学生限定試写会に出席し、実体験を交えながら、社会人としてうまく生きていくための方法などを学生たちに向けて熱弁した。

 学費未払いを理由に大学から除籍された中村演じる青年が、ネットカフェ難民からホスト、さらにホームレスへと転落する姿を描いた本作。「緊張感のある現場だった」と撮影を振り返った中村は、「映画の最初、主人公が大学生から転落していくまでの過程が、演じていて精神的にきつかった。主人公は転落を自分のせいでなく、人のせいでそうなったと思っている部分があって、転落してからいろんな人と話していろんなことに気付き、心がだんだん満ちていく。その過程で救いがあった」と述懐する。

 また自身の実体験を交え、「僕も福岡から役者になるために上京して、仕送りとかもなく、オーディションを受けて落ちまくった。絶対自分が悪いのになぜか人のせいにしていた」と語った中村。学生たちに「でもその後、絶対に人のせいにしてはいけない。自分のことをもっと分析して知ることが大切だと気付いた」と熱く語り掛ける。

 さらに中村は「生きていると基本、大変なことばかり」と語ると、最後に「周りの人と比べて自分はなぜ彼らと違うんだろうと人をうらやむことも多いですが、気付かないだけで、実は幸せは自分の身近にたくさん起きている。そういうものをもっと実感していけば、もっと幸せに生きられると思います。僕もそういうふうに生きていこうと思っています」とメッセージを送った。

 この日はメガホンを取った佐々部清監督、経済ジャーナリストの木暮太一氏も出席。現場での佐々部監督の印象について明かした中村は「僕たちキャストやスタッフのことをずっと見ているので、気が抜けないし、背筋をのばして付き合わなくてはいけなかった。でもそんな現場に身を置けて、とても自信がついた」と感謝を述べていた。(取材・文 名鹿祥史)

映画『東京難民』は2月22日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 1月
  4. 15日
  5. 中村蒼、オーディション落ちまくった…駆け出し時代振り返る