シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

泉ピン子、“大森南朋・妻”小野ゆり子の主演を激励

泉ピン子、“大森南朋・妻”小野ゆり子の主演を激励
小野ゆり子(左)の主演を激励する泉ピン子(右)

 19日、都内で俳優・大森南朋の妻で女優の小野ゆり子が初主演を務めるドラマ「天誅~闇の仕置人~」(フジテレビ系)の制作発表会見が行われ、小野のほか、共演者の京本政樹、柳沢慎吾、三ツ矢雄二、泉ピン子が劇中衣装で出席した。

 同作は戦の最中に爆発のショックで戦国時代から現代にタイムスリップした謎の女忍者・サナ(小野)が、人間離れした強さを武器に仕置人の仲間と共に警察の介入が難しい事件を闇で裁く姿を描く痛快人情ドラマ。

 主演を務める心境について小野は「大先輩に囲まれて、いろいろなことを学びながら、胸を借りるつもりで演じさせていただきます」と謙虚に語り、女忍者という役作りへの難しさ語りつつも、「自分らしいサナを見つけて、息を吹き込んで、全話しっかり演じていけたら」と最後まで演じる覚悟を見せた。

 一方で、世間ではまだそれほど名前の浸透していない小野が、主演へ大抜てきされたことでも注目されている本作。このことに泉は、過去に自身の初主演作で共演者があまり良い顔をしていなかった苦い思い出と重ね、「小野ゆり子って(世間は)知らないから、(役者の中には)その人下に(クレジットの)番手が来るのを嫌だなとかある。でも、スタッフも全員サナ中心でやっていますから、ゆりちゃんには大きい役者になってほしい」と力強くエール。

 小野が女忍者として挑戦している激しいアクションにも、泉は「最初は線が細いしどうなっていくのか危うかったけど、今は成長というのはこういうことかと安心して観ていられるし、楽しみな女優さん。謙虚で真摯で、とても芝居が大好きでいい子です」と手放しで絶賛。仕置き人の仲間で古武術師範・松田竜次を演じる京本も「最初はやばいなと思いましたけど、あんなにすごくなっているとは思わなかった。成長が早いし、決めのポーズも、かっこよくなっている」と小野のアクション女優としての成長ぶりに太鼓判を押していた。

 会見中は共演者がそろって打ち解けた様子でトークが弾み、柳沢のハイテンションな冗談で笑いに包まれる一幕も。小野も女忍者を演じる上で起きた私生活の変化を聞かれると、「自分では意識してないけど、目が怖くなったと言われます」と可憐な笑顔で答えていた。(中村好伸)

ドラマ「天誅~闇の仕置人~」はフジテレビ系にて1月24日より放送開始。毎週金曜午後7時57分~8時54分


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 1月
  4. 19日
  5. 泉ピン子、“大森南朋・妻”小野ゆり子の主演を激励