シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ダニエル・クレイグが映画『フローズン・リバー』の監督とタッグか?

ダニエル・クレイグが映画『フローズン・リバー』の監督とタッグか?
ダニエル・クレイグがどのような役柄になるのかも気になります!!

 映画『ドラゴン・タトゥーの女』『007 スカイフォール』のダニエル・クレイグが、新作映画『ザ・ホール・トゥルース(原題)/ The Whole Truth』への出演交渉に入ったことがDaily Mailによって明らかになった。

 本作は、映画『ザ・バンク 墜ちた巨像』『アメリカン・ハッスル』を手掛けたプロデューサー、リチャード・サックルが製作する予定の作品で、監督は映画『フローズン・リバー』でサンダンス映画祭審査員賞を受賞し、さらにアカデミー賞脚本賞にもノミネートされたコートニー・ハントがメガホンを取ることになっている。

 そして今回、この主演候補としてダニエル・クレイグとの出演交渉に入った。今のところ、その内容は明らかにされていないが、法廷ドラマになるようだ。撮影はボストンで行われることになっている。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 1月
  4. 23日
  5. ダニエル・クレイグが映画『フローズン・リバー』の監督とタッグか?