シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ディカプリオ、スコセッシ、ジョナ・ヒル来日!ジャパンプレミア大盛り上がり

ディカプリオ、スコセッシ、ジョナ・ヒル来日!ジャパンプレミア大盛り上がり
ジャパンプレミアに登場したジョナ・ヒル、ディカプリオ、スコセッシ

 28日、映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のジャパンプレミアがTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーティン・スコセッシ監督の3人が出席した。

 この日、レオはiPhoneで会場を撮影しながら登場。その姿を見たスコセッシ監督が「もっとしっかりと支えなきゃダメだ!」と指導してみせたり、レオ自身も「会場内は撮影禁止」というアナウンスに「ごめん、僕も撮影していた」とおどけてみせたりと会場は大盛り上がりとなった。

 実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回想録を映画化した本作は、第86回アカデミー賞で5部門にノミネートされており、イベントに登壇した3人もそれぞれ主演男優賞、助演男優賞、監督賞にノミネート。現在の心境について聞かれたレオは、「この作品を作るのに7年かかった。それだけ情熱を注いだ作品。(ノミネートという形で)アカデミー賞が認めてくれただけでも十分満足している。ハリウッドで作るにはリスキーな作品だから、完成しただけでも名誉なことだよ」と満足げな表情を見せた。

 一方、助演男優賞にノミネートされたジョナは「とにかくアカデミー賞にノミネートされて興奮しているんだけど、二人(レオとスコセッシ監督)と一緒に登壇していることはなお光栄だよ」と笑顔。また、今回が初来日であることについて触れて、「僕は日本のファッション、芸術、料理の大ファンなんだ。博物館や京都にも行ってみたいな。それから(有名すし店の)すきやばし次郎にも行きたいよね」と日本滞在を楽しみにしている様子だった。

 最後にレオは、会場に詰めかけた多くのファンに向けて、「映画全体が狂気に満ちている。最初から最後まで、今までに観たことない映像だと思うし、全てが見どころだよ。この映画は、金に執着するあまり破滅してはいけないよと警鐘を鳴らしているストーリーなんだ。忘れないでほしいね」とメッセージを送った。(取材・文:壬生智裕)

映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は1月31日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 1月
  4. 28日
  5. ディカプリオ、スコセッシ、ジョナ・ヒル来日!ジャパンプレミア大盛り上がり