シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

オスカー受賞のジャレッド・レトー、女装で授賞式に出席することも考えていた

オスカー受賞のジャレッド・レトー、女装で授賞式に出席することも考えていた
オスカーは大切なことを述べられるチャンスの場だと語ったジャレッド・レトー

 映画『ダラス・バイヤーズクラブ』でアカデミー賞助演男優賞を受賞したジャレッド・レトーが、映画で演じたレイヨンの女装姿で授賞式に出席することを検討していたらしい。

 「レイヨンの女装をしてオスカーに行こうかとも考えたよ。彼女はきっと授賞式を楽しんだろうからね」とLondon Evening Standard紙にコメント。しかし、最終的にはイヴ・サン・ローランのディナージャケットと黒のズボンに蝶ネクタイを着て出席することに落ち着いたらしい。

 ジャレッドは、映画での役を通して女性の大変さがよくわかったともコメント。「女性の準備って本当に大変なんだね。僕は母親に育てられたから、女性に対する敬意は以前から持っていたけど、今はもっとすごいと思うようになったよ。女性は自分を作りあげるためにいろいろなことをしなければならない。でも、最後に鏡を見ながら口紅を引くとすべてが完成するんだ。最高のご褒美のようだよ」と語っている。

 普段は賞には興味はないというジャレッドだが、オスカーを受賞したことによって与えられたチャンスにとても感謝しているそう。「オスカーなんてクソくらえなんて言わないよ。完全にそう思っているというわけじゃないからね。でもオスカーは、金ピカの裸の像やよくやったというねぎらいをもらうためのものじゃない。世界の舞台に立ち、何十億という人を前にして、自分にとって意味深く、大切なことを述べられるチャンスなんだ」と語った。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 3月
  4. 27日
  5. オスカー受賞のジャレッド・レトー、女装で授賞式に出席することも考えていた