シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

市川由衣、少女から女への変貌…中沢けい「海を感じる時」映画化で大胆演技!

市川由衣、少女から女への変貌…中沢けい「海を感じる時」映画化で大胆演技!
中沢けいデビュー作の映画化に出演する市川由衣と池松壮亮 - (C)『海を感じる時』製作委員会

 女優の市川由衣が、小説家・中沢けいのデビュー作「海を感じる時」の映画化作品で8年ぶりに単独主演を務めることがわかった。一人の男との性体験や母との対立をへて、女へと目覚めていく役どころに挑んだ市川は「自分の代表作だと胸を張っていえる作品になりました。女優人生において転機となるような大事な作品なので、たくさんの人に観てもらいたいです」と語っている。

 原作は、1978年に中沢が18歳にして第21回群像新人文学賞に輝いた青春小説。高校の先輩の男性・洋と肉体関係を持った一人の少女・恵美子が、自身を拒絶する洋への一途な思いへの葛藤(かっとう)や、それを知った母との対立を通して、大人の女性へと変貌を遂げていくさまを、みずみずしい感性で描き出す。

 恵美子役の市川は、「台本を読んでみて、恵美子の女としてのどうしようもないもがき、痛さに、胸がしめつけられました。覚悟がいる役でしたが、女として、役者として、挑戦したいと思いました」とコメント。相手役の洋は若手実力派俳優の池松壮亮が務めており、「本当に助けられ、生の感情をたくさん引き出してもらいました」という市川は「本気にさせてくれるすごい役者さんで、洋が池松さんではなかったらわたしは恵美子でいられなかったと思います」と絶大な信頼を寄せている。

 また池松も、「完成した作品を観て、何より市川さんが素晴らしく、改めて市川さんがこの役で良かったなと思いました。少女性と母性の両方をちゃんと併せ持った方で、それでいてどこか手が届きそうな、日常の先にあるような空気を身にまとった、凄くすてきな女優さんでした」と市川を大絶賛。挑戦的な題材の作品についても「実現まで何年もの間、難航したと聞いています。さまざまな人の執念によって、この作品を世に送り出せるところまで来たということを誇りに思います」と語っている。

 メガホンを取るのは映画『blue』『僕は妹に恋をする』の安藤尋。脚本は『共喰い』『戦争と一人の女』の荒井晴彦が務める。(編集部・入倉功一)

映画『海を感じる時』9月13日よりテアトル新宿ほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 3月
  4. 27日
  5. 市川由衣、少女から女への変貌…中沢けい「海を感じる時」映画化で大胆演技!