シネマトゥデイ
18歳以上がご覧になれます

戦争と一人の女 (2012)

2013年4月27日公開 98分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
戦争と一人の女
(C) 戦争と一人の女製作運動体

見どころ

『ユリ子のアロマ』などの個性派女優江口のりこがヒロインを務め、坂口安吾原作の小説を映画化した官能ドラマ。戦争によって運命を狂わされた3人の男女の狂乱の日々を映し出す。『赤い季節』の永瀬正敏と『希望の国』の村上淳が、自らの欲望のままに生きる主人公と絡む2人の男性を熱演する。故・若松孝二の弟子である井上淳一が初監督で挑む究極のタブーに絶句する。

あらすじ

先の見えない戦争の最中、作家(永瀬正敏)は酒場で働く女性(江口のりこ)と一緒に住むことを決めた。だが、幼少時代に遊郭に売り飛ばされた彼女は体を重ねても喜びを感じられず、二人は絶望のふちで互いの体を狂ったようにむさぼり合った。一方、中国戦線で片腕をなくして帰国した男(村上淳)は、精神的後遺症から性行為ができない体になっていた。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • ドッグシュガームービーズ
カラー/デジタル
(テアトル新宿)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]