シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

武井咲、父親と"激似”を告白「お父さんの女性版がわたし」

武井咲、父親と"激似”を告白「お父さんの女性版がわたし」
父親とのエピソードを語った武井咲

 女優の武井咲が6日、都内でゲスト声優を務めた『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ! 逆襲のロボとーちゃん』の完成披露試写会に出席し、父親と”激似”エピソードを明かした。

 ロボットになった"とうちゃん”を軸に物語が展開する内容にちなんで父親のエピソードを聞かれた武井は、「母親よりも父親にそっくりで、一緒に話していると母から『同じ顔としゃべっているみたいで笑えないの?』って言われるくらい」と父親と似ていることを紹介。本人同士では意識していなかったものの「お父さんの女性版がわたしっていうくらいすごく似ている」そうで、「2人が同じ事をしていて癖とか似ていると、母から『鏡みたい』って言われます」とおかしそうに話した。

 また、本作では劇場版アニメ声優初挑戦し、下春日部警察署の女性警察官・ 段々原照代(だんだんばらてるよ)の声を演じた武井。やる気はあるがトラブルメーカーなキャラクターで、武井は「元気良く、今までにないくらいテンションを上げて参加させていただきました」とにんまり。「クレヨンしんちゃん」の劇場版シリーズは毎回観るたびに泣いてしまうそうで「野原家は理想的な家族なので、今回もきっと愛が溢れる作品になっていて、ぐっとくるのではないかと思います」と会場を埋めたファンにアピールした。

 舞台あいさつにはほかに前作から続いてゲスト声優を務めたコロッケ、レギュラー声優陣の矢島晶子、ならはしみき、藤原啓治、こおろぎさとみも出席。しんちゃん一家の着ぐるみも登場し、テレビアニメさながらの掛け合いで子どもたちを喜ばせていた。

 同作は人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版シリーズ第22弾。日本の父親たちの復権をたくらむ「父ゆれ同盟」の陰謀によりロボットにされてしまった父・"ロボットのひろし”と共に、巨大な陰謀に立ち向かうしんのすけたちの姿を描く。脚本を劇団☆新感線の作家で「仮面ライダーフォーゼ」シリーズなどの脚本も手掛ける中島かずき、主題歌をきゃりーぱみゅぱみゅが担当している。(中村好伸)

『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ! 逆襲のロボとーちゃん』は4月19日より公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 4月
  4. 6日
  5. 武井咲、父親と"激似”を告白「お父さんの女性版がわたし」