シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

山本政志、テレビ出身の大根監督との自主映画『恋の渦』の秘話を語る -ウディネ・ファーイースト映画祭

山本政志、テレビ出身の大根監督との自主映画『恋の渦』の秘話を語る -ウディネ・ファーイースト映画祭
大根仁監督のことを評価する山本政志監督

 大根仁監督の映画『恋の渦』がイタリアで開催中の第16回ウディネ・ファーイースト映画祭で上映された。大根監督は新作の準備のために現地入りできなかったが、製作を務めた山本政志監督と出演者の新倉健太、柴田千紘、後藤ユウミ、上田祐揮、松下貞治が来場し、トークイベントに参加した。

 同作品は、演劇ユニット「ポツドール」の三浦大輔が手掛けた同名戯曲の恋愛劇で、山本監督が主宰した実践映画塾「シネマ☆インパクト」の企画の一つとして映像化された。著名俳優はおらず、撮影期間4日の製作費130万円で製作された映画だが、口コミで評判が広まり大ヒットに。うわさは海外にも波及し、第38回香港国際映画祭に続いてのイタリア上陸となった。今後もドイツやスコットランドの映画祭に招待されている。

 山本監督は「自分の好きな監督12人を集め、低予算で作品を作って勝負しようという企画だった。その中で“インディペンデントであること”に一番向き合ってくれたのが、自主映画出身の監督ではなく、テレビ出身の大根監督だったことがうれしくもあり、悲しくもある。そんな遊びの延長で生まれた企画で、既成の役者たちではないメンバーとここに来て、違った日本の側面を提供できたのは幸せ」と本映画祭に参加する意義を語った。

 山本監督自身、転機となる企画だったという。山本監督はデビュー作『闇のカーニバル』(1981)がカンヌ国際映画祭にて上映されて注目を浴び、香港との合作映画『てなもんやコネクション』(1990)では専用上映館を建設するなど自主映画界で気を吐いてきた。だがその後、博物学者・南方熊楠を題材にした映画が頓挫、負債を抱えてしまい、「最近ようやく更生しようと思った」と考えるようになった中での試みだったという。

 2012年にスタートした「シネマ☆インパクト」だが、「問い合わせがたくさん来るようになって、今がやめ時だなと思った」(山本監督)と昨年で終了。しかし『恋の渦』の成功で、山本監督は長編『水の声を聞く』(公開未定)の製作費を捻出することができたという。山本監督は「そういう意味ではここにいる役者たちが僕の映画のプロデューサー。皆さんにお礼を言わなければならないな」と、奮闘した俳優陣に感謝した。(取材・文:中山治美)

映画『恋の渦』のDVD(税抜2,800円)とブルーレイ(税抜4,700円)はポニーキャニオンより6月4日に発売
第16回ウディネ・ファーイースト映画祭はイタリア・ウディネ市内で5月3日まで開催


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 4月
  4. 30日
  5. 山本政志、テレビ出身の大根監督との自主映画『恋の渦』の秘話を語る -ウディネ・ファーイースト映画祭