シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『ゼロ・グラビティ』に盗作疑惑…ベストセラー小説家が提訴

『ゼロ・グラビティ』に盗作疑惑…ベストセラー小説家が提訴
小説家テス・ジェリッツェン - Freddy Durand Jr. / FilmMagic / Getty Images

 第86回アカデミー賞を7部門で受賞した映画『ゼロ・グラビティ』が盗作であるとして、小説家のテス・ジェリッツェンが製作の米ワーナー・ブラザースを提訴したことが明らかになった。TMZ.comなどが報じた。

 テスはミステリー小説「リゾーリ&アイルズ」シリーズで知られる小説家。同シリーズはアンジー・ハーモン主演で「リゾーリ&アイルズ ヒロインたちの捜査線」としてテレビドラマ化されており、日本でもシーズン4まで放送されている。1999年には「グラビティ / Gravity」というタイトルの小説を発表している。

 報道によると、テスは映画『ゼロ・グラビティ』(原題『Gravity』)は自身の同名小説「グラビティ」が基になっていると主張。小説「グラビティ」は、トラブルにより他のクルーが全員死んでしまった宇宙ステーションで女性医師が奮闘するという内容で、これが映画のストーリーに酷似しているとの見解をテスは示している。

 また、テスは小説「グラビティ」の映画化権を1999年にニュー・ライン・シネマ(2008年に米ワーナー・ブラザースが吸収合併)に売却したと明かしており、その際に50万ドル(約5,000万円)ならびに純利益の2.5パーセントを受け取る契約を結んでいたとのこと。そのため、米ワーナー・ブラザースに対して、少なくとも1,000万ドル(約10億円)の損害賠償金の支払いを求めているという。(1ドル100円計算)

 この件について、米ワーナー・ブラザースは現在のところ、正式コメントを発表していない。(編集部・福田麗)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 5月
  4. 1日
  5. 『ゼロ・グラビティ』に盗作疑惑…ベストセラー小説家が提訴