シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

「渡鬼」泉ピン子、宇津井さんいつも心の中に…手紙で別れの言葉

「渡鬼」泉ピン子、宇津井さんいつも心の中に…手紙で別れの言葉
宇津井健さん「お別れの会」に手紙を寄せた泉ピン子-画像は昨年のもの

 3月14日に慢性呼吸不全のため82歳で亡くなった、俳優の宇津井健さんの「お別れの会」が1日に都内で行われ、テレビドラマ「渡る世間は鬼ばかり」で共演した、泉ピン子ら“娘”役を務めた女優たちが故人をしのんだ。「渡る世間は鬼ばかり」では、宇津井さん演じる岡倉大吉の次女、五月にふんした泉。この日は参列がかなわず、会場では手紙が読み上げられた。

 手紙で泉は、宇津井さんの先妻である友里恵夫人が亡くなった日について「何事もなかったように『渡る~』の収録を行い、全てが終わった後にママが亡くなっていたことを知りました」と触れると、夫人が、自身が亡くなった後のため、宇津井さんにアイロンや包丁、洗濯機の使い方を教えていたというエピソードを明かし、「自分でアイロンをかけたシャツを着て、『僕がかけたんだよ』とわたしに自慢していましたよね」と宇津井さんに呼び掛ける。

 また最後の「渡る~」スペシャルの撮影では、食欲がなくなりやせてきたという宇津井さんに泉が、バナナや牛乳で作ったジュースをスタジオで振る舞ったことがあったといい、「5杯も飲んでくれて。食欲が湧いたよと喜んでくれた。その時、娘役の五月ではなく、本当の親子のように感じたことを思い出します」と述懐した。

 さらに宇津井さんが死去当日、一般女性との婚姻届を提出していたことについて、「いつも『絶対に再婚はしないでね、じじいのところにくる再婚相手は金目当てだから』と言っていたけど、やっぱり寂しかったのかな」と泉。「でも再婚相手の方はお父さんに十分尽くし、わたしが危惧した人ではないと聞きました」と泉らしいコメントを寄せると、「仕事の鬼のお父さん、娘はお父さんと同じように収録に向かいます。でも心にはいつもお父さんがいます」と手紙を締めくくった。

 また長女・弥生役の長山藍子は「最初から最後までひたむきに生きている、魂がとてもきれいな方」、そして四女・葉子役の野村真美は「いつも『いいね』と褒めてくれる、温かい人でした」と故人の人柄を振り返った。

 この日の「お別れの会」には、三浦友和、元AKB48の篠田麻里子、藤原紀香、要潤、東野幸治、井上和香、加藤あい、木梨憲武、中村玉緒、小池徹平など1,000人近い参列者が訪れた。(取材・文:壬生智裕)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 5月
  4. 1日
  5. 「渡鬼」泉ピン子、宇津井さんいつも心の中に…手紙で別れの言葉