シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

バイセクシャルの『X-MEN』ブライアン・シンガー監督、家庭を持つなら男性と

バイセクシャルの『X-MEN』ブライアン・シンガー監督、家庭を持つなら男性と
家庭を持つなら男性とさ - ブライアン・シンガー監督

 性的虐待の加害者として2人の男性から訴訟を起こされているブライアン・シンガー監督が、バイセクシャルではあるものの、将来的に家庭を持つなら男性とになるだろうとOut誌に語った。

 映画『X-MEN』シリーズで知られるシンガー監督のインタビューは訴訟が起こる前に行われたものとのこと。「この5年間で2人の女性と交際をした。1人は2年間、1人は8か月間だった。でも、最終的には男性と落ち着くことになると思う。僕は精神的に男性に寄りかかる傾向があるので、ゲイでもあると喜んで言えるよ」と語っている。

 シンガー監督の弁護士は性的虐待訴訟に対し、「全く根拠がありません。この不合理で中傷的な訴訟で、われわれはブライアンの潔白を証明することに絶対の自信を持っています」とコメント。訴えは新作映画『X-MEN:フューチャー&パスト』が封切られるタイミングを狙った売名行為と金銭目的のゆすりだとしている。

 シンガー監督は同映画から注意をそらしたくないため、メディア関連のプロモーションイベントには参加しないことを発表している。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 5月
  4. 16日
  5. バイセクシャルの『X-MEN』ブライアン・シンガー監督、家庭を持つなら男性と