シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

常盤貴子、人の優しさを実感

常盤貴子、人の優しさを実感
常盤貴子

 女優・常盤貴子が17日、『野のなななのか』の初日舞台あいさつに品川徹、村田雄浩、山崎紘菜、安達祐実、寺島咲、左時枝、大林宣彦監督らと共に登壇した。常盤は最初に「品川さんがネタバレ全開でしゃべるのでドキドキしている」と話し、会場を沸かせた。

 常盤は撮影からこれまでを振り返り「この映画でわかったことは、これまでも人を大切にしていたつもりだったが、もっと大切にできるということ。撮影し、完成し、宣伝活動をしていって、人ってほんとにいいなと思った。人ってほんとに優しくなれるんだと感じた。そこに『ありがとう』を加えると、どんどんプラスの感情が広まっていく」と感慨深げに語った。

 大林監督は「自主製作の小さな映画。『この空の花 長岡花火物語』を上映した時、スバル座の支配人が『客が一人も来なくてもこういう映画を上映するんだ』と言ってくださった。しかしその時は満席になることが多くて、最終日は立ち見の回もあった。今日は客席を埋め尽くしていただいてありがとう」と満面の笑みであいさつ。

 安達は「大林監督作品に出るのが夢だったので、緊張して現場に行ったら、昔から参加しているように普通に受け入れてくれた」と興奮気味に振り返ると、撮影時について「全身緑に塗られ、自分がグリーンバックになってすごく楽しかった」と明かした。大林監督は「大自然は背景じゃなく、自然が主役。だから安達祐実にも緑になってもらった」と解説して、会場を笑わせた。

 最後に大林監督は「この映画は1回ではわからないことがあるかもしれないが、数回観るといろいろわかってくる。わかってくると面白くなる。なので何度も映画館に足を運んでください」と映画の面白さをアピールした。

 同作は、92歳で亡くなった家長の葬儀で顔をそろえた一族が、ある女性の来訪を契機に、家長の戦争末期の樺太での歴史をひもとくさまを描いたヒューマンドラマ。平和とは何か、そして生きることとはどういうことなのかを問い掛ける。(取材・文/波江智)

映画『野のなななのか』は公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 5月
  4. 17日
  5. 常盤貴子、人の優しさを実感