シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

日本×マーベル×ディズニーの新作ロボットアニメが今冬公開決定!

日本×マーベル×ディズニーの新作ロボットアニメが今冬公開決定!
『ベイマックス』今冬公開決定! - (C) 2014 Disney. All Rights Reserved.

 ディズニーが日本の文化にインスパイアされ、マーベル作品を初めてアニメ映画化したディズニー最新作『ベイマックス』が、今年の冬に公開されることがわかった。

 本作は、日本のヒーローチームを描いたマーベルのアメコミ「ビッグ・ヒーロー6(原題) / Big Hero 6」を原作に、舞台を日本から、サンフランシスコと東京が融合したような架空都市サンフランソーキョーに変更。随所に日本の影響が見られるこの都市は、最新技術分野の頭脳ともいえる人材が集まっている地域になるという。

 主人公は、同都市に住む14歳の天才少年ヒロ。幼いころに両親を亡くしたヒロにとって唯一にして最愛の存在であった兄タダシが、ある日謎の事故によって帰らぬ人となって以来、独りぼっちになった彼は固く心を閉ざしていた。そんなヒロの前に現れたのは、亡き兄タダシが人々の心と体の健康を守るために開発したケア・ロボット“ベイマックス”。「どのくらい痛いですか?」「泣きたいときは泣いていいのですよ」と寄り添うベイマックスの優しさは、ヒロを悲しみから立ち直らせ、ヒロは兄のためにも世界を脅かす巨悪と戦うことを決意する。

 しかしヒロの味方は、戦闘能力も戦闘意欲もゼロのベイマックスのみ。戦わないことを運命づけられ、人を癒やすことしかできないベイマックスがどのようにヒロと巨悪に立ち向かうのか、またタダシがベイマックスを作った真意とは何かが本編で明かされる。

 今回公開決定の情報と併せて、ベイマックスのビジュアルも披露。日本の鈴をイメージしたというつぶらな瞳や、空気で膨らんだ白くて柔らかそうなボティーなど、かっこいいというよりも愛らしいデザインのベイマックスが確認できる。さらに動画ではこのビジュアルにゆっくりとしたカワイイ動きも付き、まさに疲れた心を癒やすには最強のケア・ロボットとなっているようだ。今作では、映画『くまのプーさん』のドン・ホールと映画『ボルト』のクリス・ウィリアムズが共同監督を務める。(編集部・井本早紀)

映画『ベイマックス』は今冬全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 5月
  4. 28日
  5. 日本×マーベル×ディズニーの新作ロボットアニメが今冬公開決定!