ドイツ生まれの玩具が映画化!『プレイモービル マーラとチャーリーの大冒険』7月公開

『プレイモービル マーラとチャーリーの大冒険』ポスタービジュアル
『プレイモービル マーラとチャーリーの大冒険』ポスタービジュアル - (c) 2019-2.9FILM HOLDING ltd-MORGEN PRODUCTION GmbH

 ドイツ生まれの人気玩具・プレイモービルをアニメーション映画化した『プレイモービル マーラとチャーリーの大冒険』が、7月3日よりイオンシネマ板橋ほかにて全国公開される。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のキャラがプレイモービルに!【画像】

 プレイモービルは、1974年にドイツで誕生した組み立て式玩具。人形、建物、乗り物、動物などパーツは様々で、今や高品質玩具として世界100か国以上で愛されている。映画は、“プレイモービル”の世界に迷い込んでしまった少女マーラが、悪の皇帝マキシマスにさらわれてしまった弟チャーリーを探す冒険の旅を活写する。

[PR]

 監督は、『ボルト』『塔の上のラプンツェル』でアニメーション監修を担当し、『アナと雪の女王』ではヘッド・アニメーターを務めたリノ・ディサルヴォ。プレイモービルの世界を舞台にした姉弟の冒険を、4年の歳月を費やし映像化した。また、音楽は『マダガスカル2』『怪盗グルー』シリーズなどで知られるヘイター・ペレイラが手掛けた。

 あわせて公開されたポスタービジュアルは、少女マーラや弟チャーリーをはじめとする可愛らしいプレイモービルが描かれた、躍動感ある仕上がりに。本作の日本語吹き替えキャストも、今後発表される予定だ。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]