シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ももクロ佐々木彩夏、センターに恐縮「ピンクの子でいいのかな」

ももクロ佐々木彩夏、センターに恐縮「ピンクの子でいいのかな」
初日を迎えた心境を笑顔で語った佐々木彩夏

 人気アイドルグループ・ももいろクローバーZの佐々木彩夏が21日、新宿バルト9で行われた『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』の初日舞台あいさつに登壇し、本格的な声優初挑戦となった本作について、「初日ということで、昨日の夜はドキドキしました。絶対皆さんに楽しんでもらえるような素晴らしい作品になっていると思います」と笑顔を浮かべた。

 本作は車田正美の原作コミックの中でも特に人気の高い「聖域十二宮編」をフルCGアニメで制作した作品。この日は佐々木のほかにも、青銅聖闘士(ブロンズセイント)役の石川界人、赤羽根健治、岡本信彦、野島健児、黄金聖闘士(ゴールドセイント)役の宮本充、平田広明、井上剛、真殿光昭、浅野真澄、森川智之、川田紳司、浪川大輔、桐本琢也、山寺宏一ら声優陣、さとうけいいち監督も登壇。

 戦いの女神アテナの化身である城戸沙織の声を担当した佐々木は、豪華声優陣に囲まれてセンターに立つと「センターは慣れなくて、すごくドキドキしています。いつもは赤の子。ピンクの子でいいのかなって」と恐縮気味。劇中、アテナの脇を固めた聖闘士たちについては「頼もしかった。いつもいたらいいのになって思いました」と述べ、星矢役の石川に「何かあったら、すぐ呼びますからね」とコメント。これに石川が「事務所を通してくだされば」と答えると、会場から大歓声が上がった。

 他の声優陣も作品の公開に感慨深げ。石川が「皆さんの小宇宙(コスモ)を燃やして楽しんでいただきたい」と客席に呼びかければ、双子座(ジェミニ)サガ役の山寺は「声を入れる時、震えました。この素晴らしい映像に負けないように声を入れるのは大変だなって。本当にやりがいのある作品に出会えました」と充実の表情。

 さらに山寺は「イケメンの若手声優やあーりん(佐々木)と一緒にできることも光栄でした」と明かし、「絶体絶命の崖っぷちも、最後はみんなで結集して立ち向かうという、まさに今の(サッカーの)日本代表に届けたい、そんな作品になっていると思います」と本作の魅力をアピールしていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 6月
  4. 21日
  5. ももクロ佐々木彩夏、センターに恐縮「ピンクの子でいいのかな」