シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ドラマ版「コンスタンティン」、民放のためトレードマークのたばこを吸えず

ドラマ版「コンスタンティン」、民放のためトレードマークのたばこを吸えず
コンスタンティン役のマット・ライアン - George Pimentel / WireImage / Getty Images

 DCコミック「ヘルブレイザー」を基に製作が決定したテレビドラマ「コンスタンティン(原題) / Constantine」では、米民放局のルールによりたばこを吸うシーンを撮影できないという。

 マット・ライアン演じる主人公ジョン・コンスタンティンは、たばこがトレードマークのヘビースモーカー。しかし製作側は、実際にたばこを吸っているところを映さずにこれを表現しなければならないらしい。「民放なので喫煙シーンは映せない。彼のトレードマークの一つなんだけどね。できる限りのことをして、盛り込もうとしているよ」とパイロット版の監督を務めたニール・マーシャルはColliderのインタビューで語っている。

 コミックやキアヌ・リーヴス主演の映画『コンスタンティン』では、長年にわたる喫煙で末期の肺がんという設定になっているが、同ドラマのジョンががんを患っているのかは明らかにされていない。

 ファンの中には、キャラクターが肺がんになってしまうため、喫煙のマイナス面も表現されていると主張し、トレードマークをなくすことに不満を募らせている人も多いようだ。しかし、Tobacco Controlの発表によると、民放のテレビドラマから喫煙シーンが禁止されて以降、成人の喫煙者数は減少傾向にあるため、民放側もスタンスを変える気はないのだろう。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 7月
  4. 6日
  5. ドラマ版「コンスタンティン」、民放のためトレードマークのたばこを吸えず