シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ディズニーで吹き替え声優はどうやって決めている?担当者が明かす(1/2)

ディズニーで吹き替え声優はどうやって決めている?担当者が明かす
吹き替え声優決定までの裏側…! - 映画『アナと雪の女王』より - (C) 2014 Disney. All Rights Reserved.

 大ヒット公開中のディズニー映画『アナと雪の女王』では主題歌・劇中歌はもちろんのこと、それを歌う日本語版声優の存在にもスポットが当てられている。では、映画製作会社はどうやって日本語版の声優を決めているのか? 誰もが気になっていながらも、なかなか知る機会のないその過程を、『アナと雪の女王』のキャスティングを担当したディズニー・キャラクター・ボイス・インターナショナル部門の担当者が明かした。

 担当者いわく、作品の制作が開始すると、本社からオーディションによって声優の承認が必要になるキャラクターの指示が送られてくるとのこと。『アナと雪の女王』のようなミュージカルの場合はせりふだけでなく、歌のオーディションもあり、この段階でチェックするのは「年齢感」「声の高さ」「声の質感」「演技力」「歌唱力」など。日本側の審査で、ある程度絞った上で本社に音声を送り、承認をもらうことになる。

 そうしたキャスティングの過程で最も大事にしていることについて、担当者は「オリジナル版と変わらない日本語版を作るということですね。『レット・イット・ゴー~ありのままで~』の25か国語バージョンを聴いていただけると、とてもわかりやすいのですが、言語は変わってもキャラクターの声は変わりません。そして声だけでなく、表現も変わらないように気を付けていきます。日本語版を見ていただく方々に、オリジナル版と同じ体験をしてもらえるように心掛けているんです」と明かす。

 「音声は見えないものですが、高い低い、太い細い、質感や厚みなど、さまざまな要素が一つになって、聞いてくださる方の印象を左右する情報になるんですね。キャラクターたちはデザイン、色彩、行動などで『この人ってこういう人なんだな』『こんなことしそうな人だな』といろいろイメージされると思うんですが、声も同じようにキャラクターをイメージする大切な役割を担っていると思います。日本語版でもそこが失われないように注意してやっています」。

 『アナと雪の女王』ではメインキャストに舞台出身の実力派をそろえたことも話題になったが、それも上記のポリシーを踏まえた上での決断だったという。「(『アナと雪の女王』は)ミュージカル映画として新しい挑戦をしている作品だと思いました。せりふと歌が今までになく見事に融合しているんですよね。それを実現するためにオリジナルキャストは舞台出身の実力派がそろっています。日本語版でも負けないように演技と歌の両方を高いレベルで表現できる人を探さなければなりませんでした」。


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • auto carpet cleaner from auto carpet cleaner (2014年8月21日 23時3分)
    ディズニーで吹き替え声優はどうやって決めている?担当者が明かす(1/2) - シネマトゥデイ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 7月
  4. 5日
  5. ディズニーで吹き替え声優はどうやって決めている?担当者が明かす