シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
アナと雪の女王
(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
英題:
FROZEN
製作年:
2013年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2014年3月14日
上映時間:
配給:
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
カラー

見どころ:アンデルセンの童話「雪の女王」をヒントに、王家の姉妹が繰り広げる真実の愛を描いたディズニーミュージカル。触れた途端にそのものを凍結させてしまう秘密の力を持つ姉エルサが、真夏の王国を冬の世界に変えてしまったことから、姉と王国を救うべく妹アナが雪山の奥深くへと旅に出る。監督は、『サーフズ・アップ』のクリス・バックと『シュガー・ラッシュ』の脚本家ジェニファー・リー。愛情あふれる感動的なストーリーはもちろん、美しい氷の世界のビジュアルや個性的なキャラクター、壮大な音楽など、ファンタジックな魅力に酔いしれる。

あらすじ:エルサとアナは美しき王家の姉妹。しかし、触ったものを凍らせてしまう秘められた力を持つ姉エルサが、真夏の王国を冬の世界に変化させてしまった。行方不明になったエルサと王国を何とかすべく、妹のアナは山男のクリストフ、トナカイのスヴェン、夏に憧れる雪だるまのオラフと一緒に山の奥深くへと入っていく。

アナと雪の女王
(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.

映画短評

  • 清水 節
    名作ディズニー映画には必ず名曲の存在がある。吹替版も必聴!
    ★★★★
    »読む«閉じる

     心を閉ざした姉と愛を希求する妹の葛藤をテーマに据え、アンデルセン童話を換骨奪胎。姉が魂を解放させる渾身の歌と氷のビジュアルが素晴らしい。ディズニー復活が謳われた90年前後を思い起こさせるほど、音楽とドラマが一体化している。
     
     ロマンスと躍動感に満ちているが、プロット運びは決して巧くない。善悪バトルの構図を否定したためカタルシスは弱く、ヒロインの貫通行動は見えにくい。しかしキャラを際立たせ、本格的ミュージカルに挑み、コメディリリーフで牽引する力がすこぶる強い。名作の誉れ高いディズニー映画には、必ず耳に残る名曲の存在がある。原語版のみならず日本語吹替版の松たか子&神田沙也加の歌声も必聴だ。

  • 中山 治美
    神田沙也加の美声に聞き惚れる
    ★★★★
    »読む«閉じる

     主題歌が米アカデミー賞楽曲賞を受賞したが、イディナ・メンゼルの歌声は予告編で視聴して頂くとして、ここはあえて日本語吹き替え版をオススメ。エルサ役の松たか子の実力は言わずもがな、神田沙也加の甘く透明感ある声がピュアなアナ役にピッタリで心地いいこと。親譲りの美声の持ち主というだけでなく伸びやかな歌声は、地道に舞台に立ち続けて鍛錬を重ねてきた賜物だ。今回改めて声だけを聴き、“七光り“と揶揄していた人は認識を改めるに違いない。
     シネコン時代になって米映画の日本語吹き替えをタレントやアイドルが務めてガッカリする例が多かったが、これは初の成功例かも。今後の日本語吹き替え版はプレッシャーかかりますな。

  • なかざわひでゆき
    大人の女性も共感できるアンデルセン童話の新解釈
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ソ連時代のロシアでも見事にアニメ化されたアンデルセン童話「雪の女王」。ディズニー流新解釈は不安要素だったが、結局は全くの杞憂に過ぎなかった。
     一心同体でありながら対照的な姉妹をヒロインに据えることで、女性の内的な多面性を表現しつつ、たとえ道のりは険しくても自分らしく生きることの大切さを力強く謳いあげる。恐らく、少女よりも大人の女性の方が共感できる点は多いだろう。
     吹替えにブロードウェイ俳優(英語版)を動員した本格的なミュージカル演出、そしてCGで描かれる雪と氷の世界の溜息が出るほどの繊細な美しさもさる事ながら、魔法を解く“真実の愛”の本当の意味に思わず膝を打つ。ディズニー侮るべからず。

予告編・動画

松たか子&神田沙也加がデュエット!『アナと雪の女王』本編映像
映画『アナと雪の女王』松たか子が歌う本編クリップ
映画『アナと雪の女王』日本版ティーザー予告編
『アナと雪の女王』本編未収録秘蔵映像

» 『アナと雪の女王』の予告編・動画一覧

ポスター/チラシ

  • 映画『アナと雪の女王』ポスター
    ポスター

前売券特典

  • 映画『アナと雪の女王』[数量限定]特製“アナ”&“エルザ”ストラップ
    [数量限定]特製“アナ”&“エルザ”ストラップ

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『アナと雪の女王』の映画ニュース

  • 来年3月に公開されるディズニー/ピクサーの新作『リメンバー・ミー』で同時上映される、『アナと雪の女王』の新作の邦題が『アナと雪の女王/家族の思い出』に決定した。だが...として同時上映されてきた。それに対して『アナと雪の女王/家族の思い出』は10分どころか20分超え。...
  • 日本でも大ヒットしたディズニーアニメーション映画『アナと雪の女王』のブロードウェイミュージカル版からアニメさながらの劇中衣装に身を包んだ主要キャストの姿が初披露...された。EW.comが報じている。 『アナと雪の女王』は、アンデルセンの童話「雪の女王」をベ...
  • 米ウォルト・ディズニー・カンパニーが現地時間8日、2019年に独自の動画配信サービスを開始させると発表した。 昨年、米国のプロ野球MLB(メジャーリーグ)の動画配信会社B...予定の『トイ・ストーリー4(原題)』や『アナと雪の女王』の続編といった、新作も配信される予定。...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画「アナと雪の女王」  オラフがよすぎる from 栄華通信  珍竹隣映画ブログ (2017年3月5日 23時5分)
    映画「アナと雪の女王」を観ました。 あの主題歌と共に一世を風靡したミュージカル的ディズニー3Dアニメです。 大ヒットの理由までは感じ取れませんでしたが、今までとは違うことは感じました。 例えば白雪姫では、明暗の対立が王女と魔女ですが、このアナと雪の女王では姉妹になってます。 妹の天真爛漫(リア充)っぷりが凄い対比になってます。 それと物語のゴールが王子との結婚などではないこと。 妹に付き添う王子が実は野心家で手柄にしか興味がなく、途中で正体がばれ物語から失脚していきます。 女性の自立の時代を垣間見た&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • アナと雪の女王 from 映画のメモ帳+α (2016年1月5日 0時41分)
    アナと雪の女王(2013 アメリカ) 原題   FROZEN 監督   クリス・バック ジェニファー・リー 原案   アンデルセン 『雪の女王』 脚本   ジェニファー・リー 音楽   クリストフ・ベック 声の出演 クリステン・ベル イディナ・メンゼル ジョナサン・グロフ       ジョシュ・ギャッド サンティノ・フォンタナ アラン・テュディック       キアラン・ハインズ クリス・ウィリアムズ 日本語吹替 松たか子 神田沙也加 原慎一郎       ピエール瀧 津田英佑 多田 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『アナと雪の女王』にひそむ東洋的な○の世界観について【後編】 from scribble -日々の恥は書き捨て- (2014年11月19日 17時58分)
    前・後編に分けてお送りしております。未読の方は、前編を先にご覧ください。 『アナと雪の女王』にひそむ東洋的な○の世界観について【前編】 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『アナと雪の女王』にひそむ東洋的な○の世界観について【前編】 from scribble -日々の恥は書き捨て- (2014年11月19日 17時58分)
    Amazonインスタント・ビデオで『アナと雪の女王(吹替版)』を見ました。48時間レンタル400円が、クーポンの利用で200円に。私は映画館の湾曲スクリーンが苦手なので、デジタル配信は ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「アナと雪の女王」孤独を歌い上げるシーンは美しく哀しい。 from soramove (2014年7月30日 11時18分)
    映画「アナと雪の女王」★★★★DVD鑑賞 ジェニファー・リー、クリス・バック監督、 102分 2014年3月14日公開 2013,アメリカ,ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン (原題/原作:FROZEN) <リンク:<a href="http://blog.with2.net/link.php?38257">人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「過酷な運命を辿る 王家の美しい姉妹を主人公に、 凍った世界を救い出す彼女たちの 愛情と冒険を描 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年3月10日の週の公開作品
  3. 『アナと雪の女王』