シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

アニメーションが目指すところとは…ディズニートゥーン・スタジオ製作陣が明かす

アニメーションが目指すところとは…ディズニートゥーン・スタジオ製作陣が明かす
ボブス・ガナウェイ監督とプロデューサーのフェレル・バロン - (C)KaoriSuzuki

 世界中を大ヒットを記録している映画『アナと雪の女王』の後、初めてディズニー傘下のスタジオが世に放つアニメーション映画『プレーンズ2/ファイアー&レスキュー』。同作のボブス・ガナウェイ監督とプロデューサーのフェレル・バロンが、アニメーションが持つ可能性を語った。

 『プレーンズ』シリーズ第2弾となる同作のテーマは「セカンドチャンス」。「パラシュート隊やアクションシーンなど、子供が楽しめる要素は山ほどある。でも、もっと幅広い観客に共感してもらいたかったんだ」と語るガナウェイ監督はその一方で、「僕自身は『セカンドチャンス』というアイデアは十分、子供も共感できるものだと思う」と子供の視点をおろそかにしてはいない。「子供でさえ、学校で試験に失敗するとか、何かがうまくできなくて、別の道を探ってみるといったことがあると思うんだ。だから、このテーマは、大人だけじゃなくて、子供たちにも通じるものだと思うよ」。

 そんなガナウェイ監督は、アニメーション映画の一つの理想として『アナと雪の女王』を掲げると、「『アナと雪の女王』のような映画が出てきて、全ての観客の共感を呼ぶと、それはアニメーション業界全体が恩恵を被ることになると思う。なぜかというと、アニメーションは今も健在で、人々を驚かせることができるものなのだと再確認できるからね」と同作がアニメーションが持つ可能性を切り開いたことを強調した。

 これには、フェレルも「『アナと雪の女王』は一つの理想的なゴールだろうね」と同意しつつも、「でも、あれは本当に例外的な作品だ。国際的にとてもうまくいき、世界中の観客の共感を呼ぶというのはなかなかできることじゃない」と付け加えることも忘れなかった。

 「でも最終的には、『アナと雪の女王』ほど成功するかどうかは別にして、全ての人々の心に触れることができるストーリーを作れたらいいと思う」(フェレル)、「成功は、興行成績じゃない。確かに全ての観客の共感を呼べれば素晴らしい。でも、もしもある部分の観客のみの共感を呼べれば、それも素晴らしいことだと思うよ」(ガナウェイ監督)と二人は声をそろえていた。(編集部・福田麗)

映画『プレーンズ2/ファイアー&レスキュー』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 7月
  4. 19日
  5. アニメーションが目指すところとは…ディズニートゥーン・スタジオ製作陣が明かす